生年月日データベース

宮台真司みやだいしんじ

社会学者[日本]

1959年 3月3日 生 (満59歳)

宮台 真司(みやだい しんじ、1959年3月3日 - )は、日本の社会学者。
学位は社会学博士(東京大学・1990年)。
首都大学東京教授。
宮城県仙台市出身。
1965年4月 - 東北大学附属小学校(現・宮城教育大学附属)入学 以降、鶴瀬西小学校(埼玉)→松尾小学校(京都)→山階小学校(京都)→安朱小学校(京都)を経て 1971年3月 - 三鷹市立第六小学校卒業 1974年3月 - 麻布中学校卒業 1977年3月 - 麻布高等学校卒業 1982年3月 - 東京大学文学部社会学専修課程卒業 1984年3月 - 東京大学大学院社会学研究科社会学Aコース修士課程修了 1987年3月 - 東京大学大学院社会学研究科博士課程満期退学 1987年4月 - 東京大学教養学部助手(社会学教室)着任 1990年3月 - 東京大学大学院社会学研究科博士課程社会学博士学位取得(学位論文は「権力の予期理論〜了解を媒介にした作動形式〜」) 1991年4月 - 東京外国語大学外国語学部専任講師(社会学教室)着任 1993年4月 - 東京都立大学人文学部社会学科助教授(社会学教室)着任 2005年から東京都立大学は首都大学東京に改組 2007年4月 - 首都大学東京教授(社会学分野)昇任 首都大学東京大学院人文科学研究科社会行動学専攻社会学教室、及び、都市教養学部人文・社会系教授(現職) 1959年、宮城県仙台市に生まれる。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    Music for urbanism
    歌手
    M
    発売元
    murmur records
    発売日
    2015年10月08日
    新品価格
    ¥ 2,333 より
    中古商品
    より

自らの立場を「新保守」「亜細亜主義者」「リベラリスト」と規定。 近年はつくる会やネット右翼などのヘタレ保守が跋扈する現状を鑑み、戦略的に「右には右を対置せよ」として「天皇主義」や「アジア主義」への傾倒を鮮明にしている。 1959年3月3日宮城県仙台市生まれ。東京都立大学助教授首都大学東京教授。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。 博士論文でもある『権力の予期理論』(89年)で、硬質な社会システム理論家として高い評価を得ていたが、93年、朝日新聞紙上のいわゆる「ブルセラ論争」をきっかけに一般にも注目を集める。その後94年に『制服少女たちの選択』、95年『終わりなき日常を生きろ』を出版し、「成熟社会」へと向かいつつある不透明な社会を分析する社会学者として立ち位置を固める。 テレクラ、援助交際、オウム問題、郊外、専業主婦、少年犯罪、学級崩壊、盗聴法など、現在まで多くの分野で発言を行い、改革プログラムなどにも参加。 http://www.miyadai.com/ 「権力の予期理論 了解を媒介にした作動形式」勁草書房1989.4 ISBN:432610077X (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • オウム
  • 事件
  • 仙台市
  • 倫理
  • 博士
  • 宮城県
  • 思想
  • 教授
  • 映画
  • 東京大学
  • 概要
  • 活動
  • 発言
  • 真相
  • 社会
  • 究明
  • セクシュアリティ
  • 出身
  • 制度
  • 大学
  • 徴兵
  • 徴兵制
  • 東京
  • 結婚
  • 首都
  • 首都大学東京