誕生日データベース

大森一樹おおもりかずき

映画監督[日本]

1952年 3月3日

大森一樹 - ウィキペディアより引用

大森 一樹(おおもり かずき、1952年3月3日 - )は、日本の男性映画監督、脚本家。
株式会社ファーストウッド・エンタテインメント代表取締役。
大阪芸術大学芸術学部映像学科長。
大阪市生まれ。
六甲高等学校、京都府立医科大学医学部卒業。
漫画少年でもあり、学生時代は真崎守の作品などに影響を受ける。
一方高校の時から映画監督を目指して自主映画を制作し、村上知彦と知合う。
大学在学中の1973年から、村上・西村隆らと映画自主上映グループ「グループ無国籍」を結成し、新開地の映画館で邦画のオールナイト上映企画を行った。
また、やはり大学時代に完成させた16ミリ映画『暗くなるまで待てない!』が、キネマ旬報ベスト10で21位に入るなど、高く評価される。
1978年、「城戸賞」受賞のシナリオを自ら監督した『オレンジロード急行』で商業映画デビュー。
前年の東宝の大林宣彦、同年の日活の石井聰亙らとともに、自主映画作家が助監督経験なしに大手撮影所でいきなり監督をつとめるムーブメントとして話題を呼ぶが、CFの分野で商業映像の経験が豊富だった大林、澤田幸弘との共同監督という形だった石井に対し(脚本もそれぞれ別のプロが執筆している)、まったくのアマチュアでありながらメジャー松竹の番線作品で単独の脚本兼監督を担当した大森の事例は際立っており、今日に至るまで類例がない。

■ 映像作品

■ 関連書籍

映画監督 1952年3月3日大阪市生まれ。 京都府立医科大学在学中の1977年に「オレンジロード急行」で監督デビュー。 1980年京都府立医科大学卒業。医師国家試験に合格。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • テレビドラマ
  • ラジオ
  • 作品
  • 出演
  • 映画
  • 脚本
  • ウッド
  • エンタテインメント
  • カメオ
  • ドラマ
  • ファースト
  • 共著
  • 単著
  • 大阪芸術大学
  • 学科
  • 学部
  • 株式会社
  • 監督
  • 芸術
  • 著書
  • 製作
  • 代表
  • 取締役
  • 映像