誕生日データベース

川本信彦かわもとのぶひこ

本田技研工業 元社長[日本]

1936年 3月3日

川本 信彦(かわもと のぶひこ、1936年3月3日 - )は、本田技研工業(ホンダ)の第4代社長。
東京都出身。
東北大学大学院精密工学科卒業。
1963年に大学を卒業し本田技研工業に入社。
入社理由は軽飛行機技術者応募広告を見て応募した。
入社当初は後にホンダの3代目社長となる久米是志の助手として、ホンダ初の四輪市販車「型式:AS280(後の商品名;S500)」「型式:AK250(後の商品名;T360)」のエンジン開発に携わる。
1964年には当時のF2用1,000ccエンジンを久米と共に開発、翌1965年からヨーロッパF2に参戦するブラバムチームに供給を開始。
1966年には久米・川本の手がけたF2エンジンを搭載したブラバムチームの車がF2で開幕11連勝を飾る。
この頃F2エンジン開発の傍ら、入交昭一郎らと共に生沢徹が運転するS600のチューンアップを手がけたりもしている。
1967年にはホンダF1のエンジン責任者に就任、水冷3,000ccエンジンの設計を任されるが、この頃本田宗一郎が空冷エンジンによるF1参戦計画(詳しくはホンダ・RA302を参照)を提唱したため、水冷エンジンの開発が後回しにされるなどの不運が重なりレースの成績は芳しくなかった。

■ 関連書籍

連想語句
  • ホンダ
  • エンジン
  • 開発
  • ブラバム
  • 入社
  • 参戦
  • 水冷
  • チーム
  • フォーミュラ
  • 久米
  • 久米是志
  • 入交昭一郎
  • 卒業
  • 商品
  • 型式
  • 市販車
  • 応募
  • 本田宗一郎
  • 生沢徹
  • 空冷
  • 設計
  • ,
  • チューンアップ
  • ヨーロッパ
  • レーシング
  • レース
  • 不運
  • 供給
  • 傍ら
  • 助手
  • 大学
  • 大学院
  • 就任
  • 川本
  • 工学科
  • 当初
  • 当時
  • 後回し
  • 成績
  • 技術者
  • 提唱
  • 搭載
  • 本田技研工業
  • 東北大学
  • 理由
  • 社長
  • 移動
  • 精密
  • 終了
  • 計画
  • 責任者
  • 軽飛行機
  • 運転
  • 部門
  • 開始
  • 開幕