生年月日データベース

里見香奈さとみかな

将棋棋士[日本]

1992年 3月2日 生 (満26歳)

里見 香奈(さとみ かな、1992年3月2日 - )は、日本将棋連盟(関西本部)所属の女流棋士。
女流棋士番号は33。
島根県出雲市出身。
森雞二九段門下。
島根県立大社高等学校卒。
キャッチフレーズは「出雲のイナズマ」。
棋歴 女流プロになるまで 父と後に小学生将棋名人戦の県代表となる兄が将棋を指しているのに興味を持ち、5歳ごろから将棋を教わり、6歳で島根棋道会支部に通い始める。
5歳下の妹である里見咲紀も女流3級で、アマ時代は2010年度の第4期マイナビ女子オープンでチャレンジマッチを突破して予選進出を果たし、2011年8月21日の第3回中学生女子名人戦で3位。
2002年、出雲市立高浜小学校5年生のときにアマ女王戦A級で優勝。
本来は挑戦棋戦であるが、前アマ女王貞升南が女流育成会Aクラスに入り出場資格がなくなったため、アマ女王にそのまま就位した。
2003年、第28回小学生将棋名人戦でベスト8に進出。
女流アマ代表2人のうちのひとりとして、レディースオープン・トーナメント2003に出場するも、初戦で藤田綾に敗れる。

■ 関連書籍

女流棋士。日本将棋連盟所属。1992年3月2日、島根県出雲市生まれ。2002年、小学校5年生にしてアマチュア女王戦A級で優勝、アマチュア女王に就任。04年10月1日、プロ入り(女流2級)。08年11月23日、初タイトル「倉敷藤花」を獲得。10年2月12日、17歳11カ月で「女流名人」を獲得し、林葉直子に次ぐ史上二番目の最年少での女流二冠となった。10年10月28日、「女流王将」を獲得(18歳7カ月)、史上最年少の女流三冠となる。11年、史上最年少の19歳7カ月で女流五段に昇段。12年5月23日、「女流王位」を獲得(20歳2カ月)、史上最年少での女流四冠となった。13年5月1日、「女王」を獲得し、史上初の女流五冠となった。攻めの棋風で終盤に強く、異名は「出雲のイナズマ」。 (2013-5-8) 里見香奈 日本将棋連盟所属の女流棋士。1992年3月2日、島根県生まれ。04年10月1日、女流2級として棋士入りし、11年10月18日、女流五段に昇格。07年度、女王となり、初タイトルを獲得し、以降、女王1期、女流王座1期、女流名人4期、女流王位1期、女流王将3期、倉敷藤花4期と合計18回のタイトルを獲得している。13年度には、女流三冠(女王、女流王座、女流名人)を獲得している。日本棋院のプロ棋士の登竜門である奨励会に参加し、13年7月29日の関西奨励会例会で昇段規定を満たし、女性初の奨励会二段に昇段。同年12月23日には同会三段に昇段。自身の持つ女性の最高段級位を更新した。14年4月から始まる第55回奨励会三段リーグに史上初の女性として参加し、奨励会四段を獲得できれば、女流初のプロ棋士となる。 (2013-12-25) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 女流
  • 奨励会
  • 棋士
  • プロ
  • 三段
  • 獲得
  • 退会
  • クイーン
  • タイトル
  • リーグ
  • 休場
  • 会員
  • 出雲市
  • 参戦
  • 史上初
  • 咲紀
  • 奨励
  • 学校
  • 将棋
  • 島根
  • 島根県
  • 復帰
  • 昇段
  • 棋歴
  • 棋風
  • 県立大
  • 称号
  • 里見
  • 高等
  • けい
  • イナズマ
  • キャッチフレーズ
  • 出身
  • 出雲
  • 実妹
  • 所属
  • 本部
  • 番号
  • 門下
  • 関西