生年月日データベース

麻原彰晃あさはらしょうこう

犯罪者、死刑囚、オウム真理教教祖[日本]

(本名・松本智津夫、一連のオウム事件の首謀者)

1955年 3月2日

2018年 7月6日 死去死刑執行享年64歳
麻原彰晃 - 犯罪者、死刑囚、オウム真理教教祖

麻原 彰晃(あさはら しょうこう、本名:松本 智津夫(まつもと ちづお)、1955年(昭和30年)3月2日 - )は、日本の宗教家、宗教団体オウム真理教(現Aleph)の元代表、教祖であり、日本で唯一の「最終解脱者」を自称していた。
一連のオウム事件を起こし、現在は確定死刑囚。
1996年(平成8年)6月19日以降は、教団内部での地位は開祖。
同団体は宗教団体「アレフ」に一旦改組され「アーレフ」に改称するも、さらに「Aleph」に改称。
Alephにおいての公式呼称は「旧団体代表」とされた。
著書では「真理の御魂 最聖 麻原彰晃尊師」名義を用いていた。
宗教団体オウム真理教の信者からは尊師、もしくは本来ヒンドゥー教の導師を指すグルと呼ばれ、崇拝の対象となっていた。
宗教団体Alephでは、尊師・グルの呼称の使用及び、写真・イラスト・その他その肖像を表したものを団体施設の祭壇及び個人所有の祭壇に備え付けることを禁じたが、2011年に入り、麻原の「生誕祭」や肖像の掲示を公然と行うようになっている。

■ 関連書籍

日本の宗教家でオウム真理教の教祖。1955年3月2日熊本県生まれ、本名は松本智津夫。鍼灸(しんきゅう)院経営や健康薬販売などを経て、ヨガ道場を主宰し宗教団体に改組した。これを87年にオウム真理教と改称し、巧みな宣伝や洗脳により教団の勢力を拡大すると共に、後に発覚する殺人など非合法活動を繰り返し、95年には地下鉄サリン事件を起こした。95年に逮捕、起訴され2006年に死刑判決が最高裁で確定、18年に死刑が執行され、63歳で刑死した。 畳職人を父に6男3女の4男として熊本県八代市に生まれた。先天性の病気により左目はほとんど視力がなく、盲学校に入学し寄宿舎で生活、高等部専攻科まで進み鍼灸免許を取得。東京大学受験を試みるが果たせず千葉県船橋市に鍼灸院や漢方薬局を開き、占いや仙道、新興宗教などに傾倒。1983年に東京都渋谷区に仙道やヨガ、東洋医学などを混在させた能力開発の学習塾を開き、翌84年にはこれをヨガ道場「オウムの会」と変え、86年には宗教団体「オウム神仙の会」に改組した。この前後に神の啓示を受けたとか、ヒマラヤで最終解脱したなどと称して、87年には「オウム神仙の会」を「オウム真理教」に改称した。空中浮遊と称する座禅を組んで飛び跳ねた瞬間の写真や、ダライ・ラマとの接見などを宣伝に利用して教団の勢力を拡大。89年には、男性信者殺害事件や坂本堤弁護士一家殺害事件を起こしていた。このころには右目の視力もほとんど失っていたという。90年に衆議院議員総選挙に出馬、教団をあげての奇矯なパフォーマンスで選挙活動を行い衆目を集めるが惨敗。選挙にトリックがあったなどと主張し、ポアと …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 平成
  • オウム
  • 宗教
  • 東京
  • 団体
  • 日本
  • 死刑
  • 真理教
  • アレフ
  • キララ
  • テロリスト
  • 地下鉄サリン事件
  • 宗教家
  • 拘置所
  • 教祖
  • 熊本県
  • 解脱
  • 警視庁
  • 逮捕
  • 開祖
  • 首謀者
  • オウム真理教事件
  • 一連
  • 事件
  • 代表
  • 以降
  • 内部
  • 出身
  • 唯一
  • 地位
  • 執行
  • 教団
  • 最終
  • 本庁舎
  • 確定
  • 移送
  • 自称