誕生日データベース

麻原彰晃あさはらしょうこう

犯罪者、死刑囚、オウム真理教教祖[日本]

(本名・松本智津夫)

1955年 3月2日

麻原彰晃 - ウィキペディアより引用
麻原 彰晃(あさはら しょうこう、本名:松本 智津夫(まつもと ちづお)、1955年(昭和30年)3月2日 - )は、日本の宗教家、宗教団体オウム真理教(現Aleph)の元代表、教祖であり、日本で唯一の「最終解脱者」を自称していた。
一連のオウム事件を起こし、現在は確定死刑囚。
1996年(平成8年)6月19日以降は、教団内部での地位は開祖。
同団体は宗教団体「アレフ」に一旦改組され「アーレフ」に改称するも、さらに「Aleph」に改称。
Alephにおいての公式呼称は「旧団体代表」とされた。
著書では「真理の御魂 最聖 麻原彰晃尊師」名義を用いていた。
宗教団体オウム真理教の信者からは尊師、もしくは本来ヒンドゥー教の導師を指すグルと呼ばれ、崇拝の対象となっていた。
宗教団体Alephでは、尊師・グルの呼称の使用及び、写真・イラスト・その他その肖像を表したものを団体施設の祭壇及び個人所有の祭壇に備え付けることを禁じたが、2011年に入り、麻原の「生誕祭」や肖像の掲示を公然と行うようになっている。

■ 関連書籍

連想語句
  • オウム
  • 真理教
  • 団体
  • 宗教
  • 東京
  • 平成
  • 死刑囚
  • アレフ
  • キララ
  • テロリスト
  • 代表
  • 収監
  • 成人
  • 成年
  • 拘置所
  • 教祖
  • 現在
  • 神仙
  • 開祖
  • オウム真理教事件
  • 一連
  • 事件
  • 以降
  • 公式
  • 内部
  • 呼称
  • 唯一
  • 地位
  • 宗教家
  • 改組
  • 教団
  • 日本
  • 最終
  • 本庁舎
  • 確定
  • 移送
  • 結成
  • 自称
  • 解脱
  • 警視庁