誕生日データベース

三遊亭小遊三さんゆうていこゆうざ

落語家[日本]

1947年 3月2日

三遊亭 小遊三(さんゆうてい こゆうざ)は、落語の名跡。
先代 - 後の6代目橘家圓太郎 当代 - 本項にて記載。
三遊亭 小遊三(さんゆうてい こゆうざ、1947年〈昭和22年〉3月2日 - )は、日本の落語家。
公益社団法人落語芸術協会所属、同協会副会長。
本名、天野 幸夫(あまの ゆきお)。
山梨県大月市出身(神奈川県横浜市生まれ)、山梨県立都留高等学校、明治大学経営学部卒。
練馬区在住。
出囃子は『ボタンとリボン』(または『春はうれしや』)。
定紋は『高崎扇』。
古典落語専門で長屋ものを得意とする。
学生時代 高校時代、卓球部キャプテンを務めていたことから、1964年の東京オリンピックでは聖火ランナーに抜擢される。
これは、本来なら他の部のキャプテンがするはずが、不祥事を起こしたため代わりに選ばれたものである。
地元の山梨県大月市で、1.2キロメートル区間を走った。
なお、後に1998年の長野オリンピックでも聖火ランナーを務め、この時は東京都内を走っている。
卓球選手としては、高校・大学と卓球部に所属し、1966年に山梨県卓球選手権で優勝。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 三遊亭
  • 日本
  • 芸術
  • ナイツ
  • 三遊亭圓丸
  • 三遊亭春馬
  • 三遊亭遊史郎
  • 三遊亭遊雀
  • 協会
  • 大月市
  • 山梨県
  • 落語
  • 遊三
  • 遊之介
  • 遊里
  • あまの
  • お笑い
  • こゆうざ
  • さんゆうてい
  • ゆきお
  • コンビ
  • ボタン
  • リボン
  • 出囃子
  • 出身
  • 名跡
  • 天野
  • 小遊三
  • 師匠
  • 幸夫
  • 弟子
  • 所属
  • 期間
  • 本名
  • 活動
  • 漫才
  • 生年月日
  • 遊吉
  • 配偶者