誕生日データベース

末次利光すえつぐとしみつ

プロ野球選手[日本]

1942年 3月2日

末次 利光(すえつぐ としみつ、1942年3月2日 - )は、熊本県人吉市出身の元プロ野球選手・コーチ。
旧名は民夫(たみお、1974年に改名)。
来歴・人物 鎮西高等学校では1959年、2年生の時に投手から野手に転向。
右翼手、六番打者として同年の夏の甲子園に出場。
1回戦で川越高に敗退。
チームメートに布田敏雄左翼手(大洋ホエールズ)がいた。
翌年の夏も中九州大会県予選準決勝に進出するが、熊本工に敗れ、甲子園には届かなかった。
卒業後は中央大学に進学、2年生からレギュラーとなる。
東都大学リーグでは1963年秋季リーグ、1964年秋季リーグの2回優勝。
2回目の優勝時のエースは2年下の高橋善正であった。
首位打者を2回、ベストナインを4回獲得。
リーグ通算76試合出場、287打数87安打、打率.303、10本塁打、39打点。
大学同期に武上四郎二塁手がいる。
1965年に読売ジャイアンツ(以下、巨人、巨人軍)に入団。
1966年から一軍に定着するが、外野手層の厚い巨人では準レギュラーが長かった。
しかし1969年には右翼手の定位置を獲得し、1970年には規定打席(25位、打率.249)に達する。

60〜70年代のプロ野球、読売ジャイアンツの選手。 旧名「末次民夫」。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は38番。 1942年3月2日生まれ。熊本県出身。 鎮西高校で夏の選手権に出場。中央大学に進学し、東都大学リーグで活躍。 1965年、読売ジャイアンツに入団。 2年目より左翼手として一軍に定着。5番打者として、V9黄金時代を支えた。 チャンスに強く、日本シリーズでの活躍が特に目立った。 1974年、「利光」に改名。 1977年、現役引退。 1978年、二軍打撃コーチに就任。 1981年、一軍打撃コーチに昇格。 1987年、再び二軍打撃コーチに転じる。 1992年、二軍監督に就任。 1995年、フロント入り、スカウトに就任。1999年よりスカウト部長を務める。 2006年、ジャイアンツ・アカデミーの校長に就任。 謙虚な性格であり、同僚、スカウトしたほとんどの選手から慕われていることで有名。 また、誠実な人柄で有名であり、入団以来選手・コーチ・フロントと一度も球団を離れていない。 岳父は宮井勝成?。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 高等
  • プロ野球
  • 学校
  • コーチ
  • 人吉市
  • 外野手
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 熊本県
  • 登録
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 鎮西
  • 関連
  • すえつぐ
  • たみお
  • としみつ
  • 全国
  • 出場
  • 出身
  • 利光
  • 右翼手
  • 同年
  • 埼玉
  • 大会
  • 川越
  • 打者
  • 投手
  • 改名
  • 旧名
  • 末次
  • 民夫
  • 甲子園
  • 県立
  • 転向
  • 選手権
  • 野手
  • 野球