誕生日データベース

ジョン・アーヴィングJohn Winslow Irving

作家[アメリカ]

1942年 3月2日

ジョン・アーヴィング - ウィキペディアより引用

ジョン・ウィンズロー・アーヴィング(John Winslow Irving、1942年3月2日 - )とは、アメリカ合衆国の小説家である。
本名ジョン・ウォレス・ブラント・ジュニア(John Wallace Blunt, Jr)。
物語の解体や時間軸の交錯など、いわゆる「ポストモダン文学」に代表される20世紀の文学潮流のさなかで「チャールズ・ディケンズを尊敬する」と公言し、ポスト・モダン文学の首魁として扱われがちなジョイスを「ゴミ」「オナニー本の作者」と言ったように、アーヴィングは19世紀的な「物語の復権」を目指した作家といえる。
彼が発表する作品のほとんどは主人公たちによる人間喜劇のような波乱万丈のストーリー展開をもつ。
彼の小説は次々に映画化されて話題となった。
特に初期作品にはアーヴィング本人の人生が反映されているといわれる。
また彼の処女作『熊を放つ』を村上春樹が翻訳し、柴田元幸がその訳文のチェックを行ったことが現在の両者の親交のきっかけだった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

John Irving(1942-) ディケンス、エリオット、ハーディといった19世紀文学を自らの小説のルーツとし、そのストーリーテリングの大いなる伝統を現代に受け継ぐ小説家である。 1942年、アメリカ・ニューハンプシャー州エクセター生まれ。 1968年、カート・ヴォネガットの推薦で第一作『熊を放つ』を刊行。 1978年、4作目の『ガープの世界』が世界的ベストセラーになる。以降、忘れがたい長大で壮大な小説群を生み出し続けている。 映画化 ガープの世界1982 ホテル・ニューハンプシャー1985 サイモン・バーチ1998=オウエンのために祈りを サイダーハウス・ルール1999 ドア・イン・ザ・フロア2003=未亡人の一年)。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出典
  • スタイル
  • マニュアル
  • レイアウト
  • 大言壮語
  • 孤立
  • アップ
  • マーク
  • 不足
  • 伝記
  • 修正
  • 追加