生年月日データベース

清水宏保しみずひろやす

スピードスケート選手[日本]

(長野五輪金メダル。2018年1月、第1子が誕生)

1974年 2月27日

清水宏保 - ウィキペディアより引用

清水 宏保(しみず ひろやす、1974年2月27日 - )は、日本の元スピードスケート選手、スポーツキャスター、タレント。
北海道出身。
エイベックス・スポーツ所属。
長野オリンピックで金メダル1個、銅メダル1個、ソルトレイクシティオリンピックで銀メダルを獲得した。
身長は162cm。
ファッションモデルの高垣麗子は元妻。
2015年4月より国立大学法人弘前大学大学院医学研究科博士課程進学予定。
スケート選手として 実家は建設会社。
葵幼稚園、帯広市立栄小学校、帯広市立帯広第一中学校、白樺学園高等学校を経て、日本大学文理学部を卒業。
三協精機(現:日本電産サンキョー)、NECを経て、現在は株式会社コジマ所属(プロスケーター)。
1993年2月、イタリア・バゼルガ・ディ・ピネで行われたスピードスケートW杯に18歳で初出場し初優勝という快挙を達成。
その直後の世界スプリント=群馬県伊香保では総合3位に入り、小柄な世界トップスケーターとして注目を集める。
1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと、4度の冬季オリンピックに出場している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

しみずひろやす [生]1974.2.27.北海道,帯広スピードスケート選手。1993年2月,18歳にしてワールドカップ男子500mで初出場・初優勝という快挙を達成した。オリンピック冬季競技大会には,1994年リレハンメル・オリンピック冬季競技大会から2006年トリノ・オリンピック冬季競技大会まで4大会連続で出場。なかでも1998年長野オリンピック冬季競技大会では500mで金メダルに輝き,1000mでも銅メダルを獲得した。オリンピック冬季競技大会のスピードスケート競技での金メダル獲得は日本選手初。2002年ソルトレークシティー・オリンピック冬季競技大会の500mは優勝選手に0秒03及ばず,銀メダルに終わった。大柄な選手が有利とされるスピードスケート界の常識を覆し,身長162cmと小柄でありながら500mで世界記録(自己ベスト34秒32)を4度も更新。スタートでの鋭い飛び出しは「ロケットスタート」と呼ばれた。また,世界距離別選手権大会では金メダル5個(すべて500m),ワールドカップの500m通算34勝は日本人最多で,世界歴代3位(2013時点)。2010年3月に現役引退を発表した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • オリンピック
  • スケート
  • 選手
  • エイベックス
  • シティ
  • スケーター
  • スピード
  • ソルトレイク
  • タレント
  • トレーニング
  • プロ
  • マネジメント
  • 北海道
  • 医学
  • 博士
  • 大学院
  • 引退
  • 弘前大学
  • 持病
  • 日本初
  • 競技
  • 話題
  • 課程
  • 道具
  • 長野
  • キャスター
  • スポーツ
  • ャスター
  • 世界
  • 出身
  • 在学
  • 所属
  • 獲得
  • 記録
  • 金メダル
  • 銀メダル
  • 銅メダル