生年月日データベース

前田通子まえだみちこ

女優[日本]

1934年 2月27日 生 (満84歳)

前田通子 - ウィキペディアより引用

前田 通子(まえだ みちこ、1934年2月27日 - )は、日本の女優、歌手である。
本名前田 好子(まえだ よしこ)。
1934年(昭和9年)2月27日、大阪府に生まれる。
父が三越宮城支店に勤めていたこともあり、女学校を中退し三越に入社する。
その美貌が評判になり、「赤い羽根」のPR映画に出演している。
1955年(昭和30年)、新東宝にスカウトされ、『三等社員と女秘書』で純情社員(宇津井健)を相手に、当時としては大胆なベッドシーンで銀幕デビューする。
1956年(昭和31年)、志村敏夫監督の映画『群狼』『女真珠王の復讐』で売り出す。
初主演の『女真珠王の復讐』では後姿の全裸シーンが話題になり、大型グラマー女優として一躍スターダムへのし上がり、わずか2年の間に20本以上に主演し、新東宝の屋台骨を支えた。
1957年(昭和32年)の映画『海女の戦慄』では主題歌も歌いヒットする。
1957年、映画『続若君漫遊記・金比羅利生剣』に町娘役で出演中、加戸野五郎監督にカメラが下からのぞく中、「2階の階段の上で裾をまくれ」と注文されるが、前田は拒絶した。

■ 映像作品

■ 音楽作品

連想語句
  • 三越
  • 映画
  • インタビュー
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • 大阪府
  • 復讐
  • 東宝
  • 真珠
  • 関連
  • ポスター
  • 中退
  • 主演
  • 作品
  • 入社
  • 出演
  • 出演作
  • 女学校
  • 宮城
  • 拡大
  • 支店
  • 昭和
  • 美貌
  • 評判