誕生日データベース

アリエル・シャロンAriel Sharon

政治家、軍人、首相[イスラエル]

1928年 2月26日

2014年 1月11日 死去享年87歳
アリエル・シャロン - ウィキペディアより引用
アリエル・シャロン(He-Ariel Sharon.ogg Ariel Sharon、אריאל שרון、生名:アリエル・シャイネルマン、Ariel Scheinermann、1928年2月26日 - 2014年1月11日)は、イスラエルの政治家、軍人。
愛称は入植者の父、ブルドーザー。
子にオムリー、ギラード。
イスラエルの首相(第15代)。
カディーマ党首(初代)、リクード党首(第4代)を歴任。
イスラエル史上、最もパレスチナに強硬姿勢を貫くタカ派政治家と言われているが、イスラエルの歴史上初めてパレスチナ国家の独立を明言した首相でもある。
パレスチナ自治政府が不法な武器を徴収してテロを放棄させるまでは、パレスチナ首脳部との和平交渉には応じないというのが方針であった。
政権末期には極端な肥満体であり、それが健康を害した可能性があり、脳卒中の発症の原因になった可能性がある。
イギリスのパレスチナ委任統治時代の1928年、パレスチナのキブツ(集団農場)であるクファル・マラル村にウクライナ系移民の長男として生まれる。

■ 関連書籍

タイトル
ポリティサイド―アリエル・シャロンの対パレスチナ人戦争
著者
バールフキマーリング
発売元
柘植書房新社
発売日
2004-11
新品価格
¥ 50,999 より
中古商品
¥ 1,170 より
連想語句
イスラエルパレスチナ政治家首相オムギラードシャロンタカ派ファイルリクードリー党首肥満軍人アリエルカディマカディーマシャイテロテロリズムネルブルドーザーヘルプマン不法交渉健康入植者再生初代動画原因史上和平国家姿勢強硬徴収愛称放棄政府政権方針明言末期極端武器歴任歴史独立生名発症脳卒中脳血管自治障害音声首脳

↑ PAGE TOP