生年月日データベース

田中孝司たなかたかし

KDDI 社長[日本]

1957年 2月26日 生 (満61歳)

田中 孝司(たなか こうじ、1955年11月2日 - )は、埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
ポジションはMF、DF。
明治大学を経て、1978年に日本サッカーリーグの日本鋼管サッカー部(のちのNKK)に入部。
JSL1部で通算143試合出場を記録した。
1982年1月16日のボカ・ジュニアーズ戦で日本代表として初出場した。
なお、国際Aマッチで通算20試合3得点を記録して日本代表の主将も務めた。
なお、1982年1月に行われた日本代表vsボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)との3試合で、ディエゴ・マラドーナとマッチアップ。
試合後にはマラドーナとユニフォームを交換した。
1988年に引退後は1989年から1992年までNKKのコーチを務めた後、1993年にはU-18日本代表の監督を務め、1995年から名古屋グランパスエイトのコーチに就任した。
この間、U-20日本代表の監督も兼務し、1995 FIFAワールドユース選手権でベスト8の記録を残した。

元サッカー選手(MF)、プロサッカー指導者。 1955年11月2日生まれ、埼玉県さいたま市出身。 明治大学卒業後の1978年、NKKに入社。JSL1部通算143試合出場。 国際Aマッチ通算20試合3得点。 1988年現役引退。 引退後の1989年から1992年までNKKのコーチを務め、1993年にはU-18日本代表の監督に就任。 1995年名古屋グランパスエイトのコーチに就任。U-20日本代表の監督も兼務し、1995年のワールドユースでベスト8に導いた。 1997年11月、カルロス・ケイロスに代わり、監督に昇格。しかし選手起用法の問題で成績が不振、1999年シーズン途中で引責辞任。 2001年から2002年までは湘南ベルマーレの監督、2004年から2005年まではベガルタ仙台のゼネラルマネージャーを務めた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • 成績
  • エピソード
  • クラブ
  • 代表
  • 個人
  • 出場
  • 大会
  • 所属
  • 指導
  • 監督
  • 試合
  • 関連
  • サッカー部
  • ディフェンダー
  • ポジション
  • ミッドフィールダー
  • 体育会
  • 大学
  • 得点
  • 指導者
  • 明治
  • 明治大学
  • 点数
  • 選手