生年月日データベース

川崎和男かわさきかずお

デザインディレクター[日本]

1949年 2月26日

川崎 和男(かわさき かずお、KAWASAKI Kazuo、1949年2月26日 - )はインダストリアルデザイン、プロダクトデザインを中心とした、デザインディレクター、博士(医学)。
2014年現在、大阪大学名誉教授[4]、名古屋市立大学名誉教授、多摩美術大学客員教授(2000年04月〜継続中)、金沢工業大学客員教授(2006年4月~2015年3月31日まで)、「グッドデザイン賞=Gマーク賞選定・総合審査委員長(2001/2002/2003)毎日デザイン賞2002-4選考委員、1991年より推薦委員  2009よりShip of the Year 審査委員、日本文具大賞審査委員長 「DESIGN TOKYO」審査委員長 2010警察大学校・講師[5][6][7]、2005-6,2009年調査委員[8][9][10]。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

デザインディレクター 医学博士/名古屋市立大学大学院芸術工学研究科教授/大阪大学大学院 阪大フロンティア研究機構特任教授/多摩美術大学客員教授/1949年福井県生まれ。魚座・B型・左右利き。金沢美術工芸大学卒業。専門は3D-CAD/CAMとメディアインテグレーションによるプロダクトデザイン開発、特にメディカルサイエンスや位相空間論からの形態造形手法を目指す。2001〜2003年度グッドデザイン賞審査委員長・毎日デザイン賞最終選考委員。毎日デザイン賞ほか国内外の主要なデザイン賞は最多受賞。海外美術館に永久収蔵展示多数。 川崎和男、本人による自己紹介:  http://www.design.frc.eng.osaka-u.ac.jp/kk/1_rireki.html ・・・伝統工芸品からメガネやコンピュータ・ロボット・原子力エネルギー?・人工臓器・先端医療・宇宙空間の装置化?まで幅広く、研究・教育・実務活動を行う。 専門はトポロジー空間論による多次元空間における造形手法をデザイン実務学とする研究。 2010年には、悪質かつ広範な学歴詐称・論文盗用・科研費(350万円)不正、などが発覚し、東京大学133年の歴史で初めての博士号取り消しとなったアニリール・セルカン(東京大学から解雇された)の詐称・盗用を断固として擁護したことが注目された。 参照:http://togetter.com/li/5725 -- http://togetter.com/li/8893(川崎和男のセルカン擁護発言リスト) 川崎和男は、クラインボトル(クラインの壷)を、人工心臓のデザインに応用する業績によって医学博士を取得し、さらに、それをアメリカの学会で発表したと主張している。 http://www.odekake.us/index/brilliant_people71.htm 参照 …… (引用元 Hatena Keyword)

「川崎和男」と関連する人物

連想語句
  • 委員
  • 審査
  • デザイン
  • 作品
  • 委員長
  • プロジェクト
  • 出典
  • 名古屋市立大学
  • 名誉教授
  • 多摩美術大学
  • 大阪大学
  • 客員
  • 教授
  • 毎日
  • ,
  • グッド
  • マーク
  • 医学
  • 収蔵
  • 大学校
  • 大賞
  • 推薦
  • 文具
  • 日本
  • 現在
  • 継続
  • 総合
  • 調査
  • 講師
  • 警察
  • 選定
  • 選考
  • 金沢工業大学