生年月日データベース

海江田万里かいえだばんり

経済評論家政治家[日本]

1949年 2月26日

海江田万里 - ウィキペディアより引用

海江田 万里(かいえだ ばんり、1949年2月26日 - )は、日本の政治家、経済評論家。
民進党顧問。
衆議院議員(6期)、民主党政策調査会長(第5代)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)、経済産業大臣(第14代)、民主党代表(第10代)などを歴任した。
生い立ち 東京都杉並区出身。
父親の四郎は毎日新聞の記者であり、安倍晋太郎の上司であった。
中華人民共和国や台湾にいたことがあり、万里の名前は万里の長城に因むことから、海江田は「中国とのかかわりは、生まれた時から」と語る。
また四郎は鹿児島県出身で、大学を卒業するまでの本籍は鹿児島県日置郡金峰町(現南さつま市)だったことから、海江田は「鹿児島は私の故郷」という。
東京都立鷺宮高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業。
経済評論家として 慶大卒業後、タレント政治家であった野末陳平の秘書を経て、自身もタレント、経済評論家として独立。

■ 関連書籍

日本の政治家、経済評論家。1949年2月26日、東京生まれ。72年慶應義塾大学を卒業。参議院議員秘書を経て、経済評論家として活動。その後、政治家に転身し、93年、衆議院議員総選挙(東京1区)に日本新党から立候補して初当選。96年には民主党の結成に加わり、党の総務委員長、政策調査会長、衆院財務金融委員長などを歴任した。2010年、菅改造内閣で内閣府特命担当大臣に就任して初入閣し、11年には菅第2次改造内閣で経済産業相を務めた。12年の衆議院議員総選挙では小選挙区で2位落選するも比例区で復活当選、同選挙で6回目となる当選を果たした。同年12月、民主党代表選挙に出馬し、第10代民主党代表に就任。 (2012-12-27) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 民主党
  • 日本
  • 立憲
  • リーグ
  • 市民
  • 日本新党
  • 民進党
  • 税制調査会
  • 税金
  • クラブ
  • グループ
  • サイト
  • サイン
  • サンクチュアリ
  • 公式
  • 学士
  • 慶應義塾大学
  • 所属
  • 支部
  • 政党
  • 新党
  • 東京
  • 民主
  • 法学
  • 法学士
  • 称号
  • 赤松
  • 配偶者