生年月日データベース

山下洋輔やましたようすけ

ミュージシャン[日本]

1942年 2月26日

山下洋輔 - ウィキペディアより引用

山下 洋輔(やました ようすけ、1942年2月26日 - )は、日本のジャズピアニスト、作曲家、エッセイスト、作家である。
ひじで鍵盤を鳴らす独自の奏法を交えながら演奏する。
他分野への進出、コラボレーションにも積極的であり、『ジャズ大名』『ファザーファッカー』『カンゾー先生』などの映画音楽を手がけている。
またクラシックピアニスト、オーケストラ、和楽器楽隊とのフリーな競演や山下洋輔パンジャスイングオーケストラを組織するなどもしている。
独自の視点を生かした軽妙なエッセイや小説も執筆している。
筒井康隆とは互いの作品のファンであり、長年の交友関係をもつ。
筒井関係のイベントでは必ずといっていいほどメインのメンバーで参加しており、筒井の短編小説集『ジャズ小説』文春文庫版解説も執筆した。
また筒井経由で河野典生、かんべむさし、堀晃らのSF作家とも交友した。
タモリを発掘し、『ピアノ弾き乱入元年』等いくつかの著書で出会いの経緯や友誼が語られている。
落語好きでも知られ、「じゅげむじゅげむ五劫のすり切れ……」のリズムを使ったジャズ曲『寿限無』を作曲。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ジャズ・ピアニスト、タレント、俳優、エッセイスト、作家。 伊丹十三・東海林さだおとともに(文筆業を本業としない)3大エッセイストと評される。 「目が点になる」という表現を最初に使った人としても有名 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出演
  • エッセイスト
  • クラシック
  • ジャズ
  • テレビ
  • ノート
  • ラジオ
  • 代表作
  • 作家
  • 作曲
  • 信頼性
  • 共著
  • 奏者
  • 形式
  • 映画
  • 活動
  • 絵本
  • 著書
  • 音楽
  • ひじ
  • 奏法
  • 演奏
  • 鍵盤