生年月日データベース

今村仁司いまむらひとし

社会哲学者[日本]

1942年 2月26日

今村 仁司(いまむら ひとし、1942年2月26日 - 2007年5月5日)は、日本の現代哲学・思想研究者。
おもに1980年代以降、多数の翻訳や著作によって、フランス現代思想を中心に現代思想の諸潮流を日本に紹介した。
1942年、岐阜県出身。
岐阜県立岐阜高等学校を経て、京都大学経済学部へ進学し、1965年に卒業。
1970年、京都大学経済学部大学院博士課程修了。
東京経済大学経済学部教授。
もともとマルクス経済学の研究者だったが、当時マルクス主義の独自な認識論を展開していたフランスのルイ・アルチュセールに関心を抱き、アルチュセールを批判的に考察した諸論考を世に出した。
その後労働と暴力の2つを主題にした社会哲学的論考を執筆。
1980年代前後から、ジャン・ボードリヤール、モーリス・ゴドリエ、ジャン=フランソワ・リオタールなどの翻訳のほか、啓蒙書や対談など幅広く手がけ、アルチュセール、シャルル・フーリエ、ルネ・ジラールを含めたフランスのポストモダン思想の断片を日本に紹介した。

■ 関連書籍

今村仁司(1942年2月26日生 - 2007年5月5日没)は日本の現代哲学・思想研究者。 京都大学大学院経済研究科博士課程修了。 専攻は社会思想史、社会哲学。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 経済
  • 学部
  • 岐阜
  • 京都大学
  • 現代思想
  • フランス
  • マルクス
  • 交友
  • 学校
  • 岐阜県
  • 東京経済大学
  • 県立
  • 編著
  • 著書
  • 訳書
  • 関係
  • 関連
  • 高等
  • もともと
  • 中心
  • 修了
  • 出身
  • 卒業
  • 博士
  • 大学院
  • 教授
  • 日本
  • 潮流
  • 研究者
  • 紹介
  • 著作
  • 課程
  • 進学