誕生日データベース

李恢成りかいせい

作家[韓国]

1935年 2月26日

李 恢成(り かいせい、イ・ホェソン、이회성、1935年2月26日-) は日本の小説家。
樺太真岡郡真岡町出身。
1945年の敗戦後、家族で日本人引揚者とともに樺太より脱出。
長崎県大村市の収容所まで行き、朝鮮への帰還を図ったが果たせず、札幌市に住む。
このとき、樺太に姉を残留させたことが、その後の作品のなかでもトラウマとして残っていたことが語られている(在樺コリアン参照)。
北海道札幌西高等学校から、早稲田大学第一文学部露文科に進学。
大学時代は留学生運動の中で活動していた。
大学卒業後、最初は朝鮮語による創作をめざしたが果たせず、日本語での活動を志す。
朝鮮新報社などに勤めたが、その後朝鮮総連から離れ、1969年の群像新人文学賞受賞を期に作家生活に入る。
1972年に『砧をうつ女』で芥川賞。
代表作に『見果てぬ夢』『百年の旅人たち』など。
1970年にひそかに訪韓、その後、芥川賞受賞後の1972年に再び訪韓する。
このときは朝鮮籍であった。
しかし、その後は長期にわたって韓国政府当局から入国を拒否される。
ふたたび韓国入国ができたのは1995年11月のことであった。

■ 関連書籍

連想語句
  • 真岡
  • 朝鮮
  • コリアン
  • 共編
  • 北海道
  • 受賞歴
  • 大学
  • 大村市
  • 学校
  • 文学部
  • 文科
  • 新報
  • 早稲田大学
  • 朝鮮総連
  • 札幌
  • 札幌市
  • 樺太
  • 活動
  • 著書
  • 西高
  • 長崎県
  • 関連
  • とき
  • トラウマ
  • 代表作
  • 作品
  • 作家
  • 出身
  • 創作
  • 卒業
  • 収容所
  • 受賞
  • 家族
  • 帰還
  • 引揚者
  • 敗戦
  • 文学
  • 新人
  • 日本人
  • 日本語
  • 時代
  • 最初
  • 朝鮮語
  • 残留
  • 生活
  • 留学生
  • 群像
  • 脱出
  • 芥川賞
  • 芥川龍之介
  • 進学
  • 運動