誕生日データベース

李恢成りかいせい

作家[韓国]

1935年 2月26日

李 恢成(り かいせい、イ・ホェソン、이회성、1935年2月26日-) は日本の小説家。
樺太真岡郡真岡町出身。
1945年の敗戦後、家族で日本人引揚者とともに樺太より脱出。
長崎県大村市の収容所まで行き、朝鮮への帰還を図ったが果たせず、札幌市に住む。
このとき、樺太に姉を残留させたことが、その後の作品のなかでもトラウマとして残っていたことが語られている(在樺コリアン参照)。
北海道札幌西高等学校から、早稲田大学第一文学部露文科に進学。
大学時代は留学生運動の中で活動していた。
大学卒業後、最初は朝鮮語による創作をめざしたが果たせず、日本語での活動を志す。
朝鮮新報社などに勤めたが、その後朝鮮総連から離れ、1969年の群像新人文学賞受賞を期に作家生活に入る。
1972年に『砧をうつ女』で芥川賞。
代表作に『見果てぬ夢』『百年の旅人たち』など。
1970年にひそかに訪韓、その後、芥川賞受賞後の1972年に再び訪韓する。
このときは朝鮮籍であった。
しかし、その後は長期にわたって韓国政府当局から入国を拒否される。
ふたたび韓国入国ができたのは1995年11月のことであった。

■ 関連書籍

タイトル
流域へ 上 (講談社文芸文庫)
著者
李恢成
発売元
講談社
発売日
2010-03-11
新品価格
¥ 12,161 より
中古商品
¥ 100 より
タイトル
可能性としての「在日」 (講談社文芸文庫)
著者
李恢成
発売元
講談社
発売日
2002-04
新品価格
より
中古商品
¥ 398 より
タイトル
<在日>という根拠―李恢成・金石範・金鶴泳
著者
発売元
国文社
発売日
1983-01
新品価格
¥ 2,160 より
中古商品
¥ 850 より
タイトル
現代の文学〈36〉古井由吉,李恢成,丸山健二,高井有一 (1972年) 先導獣の話・雪の下の蟹・妻隠  われら青春の途上にて・証人のいない光景・武装するわが子 朝日のあたる家 北の河・少年たちの戦場
著者
発売元
講談社
発売日
1972
新品価格
より
中古商品
¥ 446 より
タイトル
サハリンへの旅 (講談社文芸文庫)
著者
李恢成
発売元
講談社
発売日
1989-03-03
新品価格
¥ 5,456 より
中古商品
¥ 107 より
タイトル
風よ海をわたれ―李恢成十年の対論 (1982年)
著者
李恢成
発売元
同時代社
発売日
1982-06
新品価格
より
中古商品
¥ 13 より
タイトル
オキュパイド ジャパン (コレクション 戦争×文学)
著者
発売元
集英社
発売日
2012-08-03
新品価格
¥ 3,888 より
中古商品
¥ 1,106 より
タイトル
四季
著者
李恢成
発売元
新潮社
発売日
2005-09-29
新品価格
より
中古商品
¥ 103 より
タイトル
サハリンへの旅 (講談社文芸文庫)
著者
李恢成
発売元
講談社
発売日
1989-03-10
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
芥川賞全集 第9巻 (9)砧をうつ女・オキナワの少年・誰かが触った・いつか汽笛を鳴らして・れくいえむ・ベティさんの庭
著者
李恢成
発売元
文藝春秋
発売日
1982-10
新品価格
¥ 2,621 より
中古商品
¥ 249 より
連想語句
略歴真岡朝鮮ことコリアン北海道大学大村市学校文学部文科新報早稲田大学朝鮮総連札幌札幌市樺太活動編集西高長崎県ときトラウマ作品作家共編出身創作卒業参照収容所受賞受賞歴家族帰還引揚者敗戦文学新人日本人日本語時代最初朝鮮語残留生活留学生目次群像脱出著書進学運動関連項目

↑ PAGE TOP