生年月日データベース

日高敏隆ひだかとしたか

動物学者[日本]

1930年 2月26日

2009年 11月14日 死去享年80歳

日高 敏隆(ひだか としたか、1930年2月26日 - 2009年11月14日)は、日本の動物行動学者。
理学博士。
京都大学名誉教授。
ヨーロッパで動物行動学が興るのと同じ時期にこの分野に飛び込んだ草分け期の研究者であり、日本に動物行動学を最初に紹介した研究者の一人でもある。
また多国語に堪能であるため、この分野を開拓したコンラート・ローレンツやニコ・ティンバーゲンらの著作の日本語訳や、自ら記した一般向けの啓蒙書も多い。
プロフィール 東京市渋谷区(現・東京都渋谷区)出身。
少年時代から昆虫採集に熱中するいわゆる昆虫少年であり、当時は昆虫少年同士の全国的な文通や同人誌を通じたネットワークがあり、日高も世代の近い養老孟司や同年生まれの矢島稔ら、その後昆虫少年からプロの研究者になっていった人々と、その頃から交流があった。
小学校時代から昆虫学者を志していたが両親の無理解に苦しみ、また当時通っていた広尾尋常小学校(現・渋谷区立広尾小学校)のスパルタ教育に馴染めず登校拒否に陥り、自殺を考えたこともあるが、担任教師が両親に掛け合って、日高が昆虫学の道に進むことを承諾させると共に、より自由な校風の東京市笄国民学校(現・港区立笄小学校)に越境入学させたことで命を救われた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

ひだか-としたか 1930-2009昭和後期-平成時代の動物行動学者。昭和5年2月26日生まれ。東京農工大教授をへて,昭和50年京大教授となる。平成7年滋賀県立大学長,13年総合地球環境学研究所所長,京都市青少年科学センター所長。チョウの行動生理学的研究から一般の動物行動学にすすむ。翻訳家としても知られる。日本昆虫学会会長,日本動物行動学会会長をつとめた。平成21年11月14日死去。79歳。東京出身。東大卒。著作に「チョウはなぜ飛ぶか」,訳書にドーキンス「利己的な遺伝子」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • プロフィール
  • 動物
  • 行動
  • 著書
  • コンラート
  • ティンバーゲン
  • ニコ
  • ローレンツ
  • 京都大学
  • 共著
  • 分野
  • 単著
  • 博士
  • 受賞
  • 叙勲
  • 名誉教授
  • 学者
  • 理学
  • 研究者
  • 編著
  • 訳書
  • 選集
  • きくこ
  • ごとう
  • イラスト
  • イラストレーター
  • ヨーロッパ
  • 一人
  • 一般向け
  • 名義
  • 啓蒙書
  • 喜久子
  • 多国語
  • 後藤
  • 担当
  • 日本
  • 日本語訳
  • 日高
  • 時期
  • 最初
  • 発表
  • 紹介
  • 絵本
  • 草分け
  • 著作
  • 開拓