生年月日データベース

シオドア・スタージョンTheodore Sturgeon

SF作家[アメリカ]

1918年 2月26日

1985年 5月8日 死去享年68歳

シオドア・スタージョン(Theodore Sturgeon, 1918年2月26日 - 1985年5月8日)は、アメリカ合衆国のSF作家。
スタージョン(Sturgeon)とはチョウザメのことであるが、本名である。
独特なリズムを持った文体を操り、散文を詩のように書いた作家。
「SFの90%はクズである。
ただし、あらゆるものの90%はクズである」という「スタージョンの法則」でも知られる。
ニューヨーク州スタテンアイランドにて1918年に生まれる。
出生時の名はエドワード・ハミルトン・ウォルドー (Edward Hamilton Waldo)。
父はペンキ業者、母は教師。
父親はエドワードの幼少時に別居し、のちに離婚。
母の再婚により、義父方の姓であるスタージョンに改姓。
この際にファースト・ネームも改名し、シオドア・ハミルトン・スタージョン (Theodore Hamilton Sturgeon) となる。
このため時に「シオドア・スタージョン」がペンネームだと誤解されることがあるが、本名である。

■ 関連書籍

1918〜85年。ニューヨーク生まれ。 SF・幻想小説家。『人間以上』で国際幻想文学賞を受賞。 世界幻想文学大賞生涯功労賞を受賞。著書に『一角獣・多角獣』『君の血を』『人間以上』など。 作品には、「マイノリティへの過剰な共感」「物語性よりも、奇妙なテイスト、価値観の変容を重視」「求めても求めても得られない、孤独な個人の間での共同性への指向」「人生の残酷面を直視する一方、過剰な感傷性もあわせもつ」等の、異様な特性を持ち、「SF界のガロ系作家」ともで呼ぶべき、ワン&オンリーの作風である。 長い間、一部の翻訳しか手に入らない状況が続いていたが、2003年、短編集『不思議のひと触れ』と『海を失った男』が相次いで出版され、再評価の機運が高まった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • スタージョン
  • 作家
  • アメリカ
  • エピソード
  • クズ
  • チョウザメ
  • 作風
  • 出典
  • 受賞歴
  • 日本
  • 法則
  • 短篇
  • 短編
  • 著作
  • 評価
  • 長篇
  • リズム
  • 散文
  • 文体
  • 本名
  • 独特