生年月日データベース

浅蔵五十吉あさくらいそきち

陶芸家[日本]

1913年 2月26日

1998年 4月9日 死去享年86歳

浅蔵 五十吉(あさくら いそきち、1913年2月26日 - 1998年4月9日)は石川県能美郡寺井町(現能美市)生まれの陶芸家である。
本名は与作(よさく)。
初代徳田八十吉、北出塔次郎等に師事。
1981年、日本芸術院賞受賞。
1984年に日本芸術院会員、1992年に文化功労者、1996年に九谷焼作家として初めてとなる文化勲章を受章した。
娘は、同じ九谷焼作家である浅蔵 一華。
1993年、故郷の寺井町に「浅蔵五十吉美術館」が開館した。
設計は池原義郎。
脚注 ==。

■ 関連書籍

あさくらいそきち [生]1913.2.26.石川,寺井[没]1998.4.9.小松陶芸家。本名は与作。無形文化財資格者の初代徳田八十吉に師事し色絵技術を習得。1946年日展初入選。1981年『佐渡の印象飾皿』で日本芸術院賞を受賞。1984年日本芸術院会員。九谷焼の伝統を基本に改良と工夫をこらし,焼成後の亀裂を生かした磁象やプラチナ彩色など,多くの技法を創案した。重厚かつ豪放な色調の「浅蔵カラー」ともいわれる作風で現代感覚あふれる独自の世界を確立し,1992年九谷焼作家として初めて文化功労者に選ばれ,1996年文化勲章を受章。主要作品に『窯変交歓花器』(1952),『釉彩華陽飾皿』(1977)などがある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本芸術院
  • 九谷焼
  • 寺井町
  • 一華
  • 作家
  • 功労者
  • 徳田八十吉
  • 文化
  • 文化勲章
  • 朝日新聞
  • 本社
  • 東京
  • 池原義郎
  • 浅蔵
  • 石川県
  • 能美市
  • 能美郡
  • 会員
  • 出塔
  • 初代
  • 受章
  • 受賞
  • 師事
  • 故郷
  • 朝刊
  • 次郎
  • 発行
  • 美術館
  • 設計
  • 開館