誕生日データベース

朴智星

男子サッカー選手[韓国]

1981年 2月25日

朴智星 - ウィキペディアより引用

朴 智星(パク・チソン、1981年2月25日 - )は、韓国出身の元サッカー選手。
元韓国代表。
アジア人選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを手に入れ、そして決勝戦でプレーした選手である。
朴は4度のプレミアリーグ優勝を経験し、UEFAチャンピオンズリーグとFIFAクラブワールドカップでも優勝を経験している。
UEFAチャンピオンズリーグ9年連続9回の出場はアジア人最多、欧州サッカー連盟主催の国際大会に11回出場もアジア人最多である。
韓国代表では100試合に出場し13ゴールをマーク。
FIFAワールドカップではアジア人として初となる2002年、2006年、2010年の3大会連続ゴールを決めた。
プロ入りまで 全羅南道高興郡で生まれ、水原市で育った。
小学4年時にサッカーを始めたものの、韓国サッカーでは全くの無名選手で、朴自身も「高校時代はKリーグのドラフトにかかりませんでした」と回想している。

■ 関連書籍

パク・チソン 韓国のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。 1981年2月25日生まれ。身長177cm、体重73kg。 韓国代表。ポジションはウイングからトップ下、ボランチまでこなす。 2002年のFIFAワールドカップではポルトガル戦で決勝ゴールを決めた。W杯には2006年、2010年と3大会連続で出場した。 2011年AFCアジアカップを最後に代表引退。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • リーグ
  • 時代
  • チャンピオンズ
  • アジア人
  • ワールドカップ
  • サッカー
  • 代表
  • 出場
  • 選手
  • アイントホーフェン
  • クラブ
  • プレミア
  • プロ
  • マンチェスター
  • ユナイテッド
  • 京都パープルサンガ
  • 優勝
  • 大会
  • 最多
  • 欧州
  • 経験
  • 連盟
  • 連続
  • 韓国
  • ゴール
  • トロフィー
  • プレー
  • マーク
  • 主催
  • 国際
  • 大韓民国
  • 決勝