生年月日データベース

常田真太郎

ミュージシャンスキマスイッチ[日本]

1978年 2月25日

常田真太郎 - ウィキペディアより引用

『スキマスイッチ』より : 常田 真太郎(ときた しんたろう、1978年2月25日 - )は、日本のミュージシャン。
スキマスイッチで鍵盤、トータルアレンジを担当。
通称「シンタくん」。
愛知県名古屋市緑区出身。
既婚。
来歴について 1978年2月25日に愛知県名古屋市緑区にて誕生。
幼少期から中学生時代にかけては、サッカーやスキー、野球などスポーツに夢中だった。
高校生になり、1992年のバルセロナオリンピックでの古賀稔彦の金メダル獲得に感銘を受けたことから、柔道部に所属する。
その後、女の子からモテたい一心でバンド活動を始め、2年時の文化祭で初めて鍵盤を弾く。
高校を卒業した年の夏、とあるライブハウスの演者として出演した際に、バンド仲間の1人だったヨツヤタカヒロ.が大橋卓弥の中学時代の先輩であったことから、彼を通じて大橋と出会う。
この時、大橋はサングラスをかけたまま常田に対し「ちぃ~っす」と挨拶をしており、その時の印象は「すごく斜に構えた怖い人だな」という印象だった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

常田真太郎(トキタシンタロウ) スキマスイッチのPiano, Chorus, Organ,などをつとめる。 1978/2/25生まれ O型 愛知県名古屋市緑区出身 サッカーや柔道、スキーなどをこよなく愛するガンダム好きだったが、高校の文化祭でバンドを組み、何故か男鍵盤(常田語:鍵盤は女々しいものらしい)に魅力を感じて音楽に目覚める。高校卒業後、多数のバンドに参加。様々な楽曲のアレンジを経験する。インディーズのレコーディングエンジニアなども経験しながら自らの曲も作り続けていたが、大橋の曲をレコーディングしたのをきっかけにスキマスイッチを結成する。 洋・邦問わず幅広く音楽を愛する常田だが、本人のちまちました性格のせいもあってかその興味の対象は作品のプロデュースワークにあり、現在の常田の制作スタンスに繋がっている。 作品のクオリティキープに異常な執着心をみせる秀才プロデューサー。アフロ。 公式サイトより (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 音楽
  • 映画
  • 楽曲
  • 名古屋市
  • アルバム
  • アーティスト
  • オムニバス
  • オルガン
  • コーラス
  • スキマスイッチ
  • テレビ
  • ピアノ
  • プロデューサー
  • プロデュース
  • 作品
  • 共演
  • 出演
  • 参加
  • 愛知県
  • 緑区
  • 連載
  • 雑誌
  • サウンド
  • シンタ
  • トリートメント
  • トータル
  • ポピュラー
  • 出身
  • 担当
  • 既婚
  • 通称