生年月日データベース

川崎燎

ミュージシャン[日本]

1947年 2月25日

川崎燎 - ウィキペディアより引用

川崎 燎(かわさき りょう、1947年2月25日 - )は、日本を代表するジャズ・ギタリスト。
1960年代後半から世界を股に駆けて活躍している。
1980年代半ばには、米国で発売されたPCの元祖、コモドール64の為に書かれた幾つかの音楽ソフト(以後日本でも富士通FMシンセ搭載の機種に同時期に変換され発売された)の著者およびそれ以前の1970年代後半には当時のギターシンセサイザー開発者の一人としても全世界で著名な人でもある。
川崎燎の父の川崎寅雄[2]は海外生活が大半で、昭和初頭以来外交官として働き、当時英語の第一人者でもあった。
満州育ちの多言語才女の母、旧姓・富村熙子(ひろこ)と上海で巡り合い、戦後シベリアにしばらく抑留された寅雄と妊娠中に上海から日本へ強制送還された母の間に一人息子として、第二次世界大戦直後の混沌としていた日本の東京に生まれ、音楽、科学、電気、天文学等に興味を持ちながら育った。

■ 映像作品

■ 音楽作品

連想語句
  • 作品
  • ソフト
  • 音楽
  • オムニバス
  • ギター
  • グラフィ
  • コモドール
  • コンピレーション
  • サウンド
  • サンプル
  • シングル
  • シンセサイザー
  • ダンス
  • ディスコ
  • トラック
  • バレエ
  • ライセンス
  • リーダー
  • ヴィデオ
  • 客演
  • 富士通
  • 発売
  • アメリカ
  • コンピュータ
  • シンセ
  • パーソナル
  • 一人
  • 世界
  • 以後
  • 元祖
  • 共演者
  • 半ば
  • 合衆国
  • 変換
  • 幾つか
  • 当時
  • 後半
  • 搭載
  • 日本
  • 時期
  • 機種
  • 米国
  • 著名
  • 著者
  • 開発者