誕生日データベース

梶原武雄

囲碁棋士[日本]

1923年 2月25日

梶原武雄 - ウィキペディアより引用

梶原 武雄(かじわら たけお、1923年(大正12年)2月25日 - 2009年(平成21年)11月28日)は、囲碁の棋士。
新潟県佐渡市出身、日本棋院所属、九段、関山利一九段門下。
優れた大局観と石の形にこだわる求道的な姿勢、及び若手棋士への薫陶で囲碁界に大きな影響を与え、また多くの新定石も生み出した。
抉るような厳しい棋風は「ドリル攻め」「ヤスリ攻め」「部分感覚天下一品」と呼ばれ恐れられた。
武田みさを五段は姉。
2000年3月31日に引退。
新潟県佐渡郡畑野町(現:佐渡市畑野)に生まれる。
一家で上京後の11歳の時に関山利一に入門し、1937年入段。
初参加の大手合で最年少棋士ながら第8位となり、「棋道」誌で本因坊秀哉との3子局を企画され勝利。
この時期、師の関山の弟弟子にあたる半田道玄とともに研鑽した。
1941年の第2期本因坊戦の関山利一と橋本宇太郎の挑戦手合で、関山が2局目で病気棄権となった際、当時五段の梶原が師の関山の代理で橋本と対戦するという案が持ち上がったが、実現しなかった。

■ 関連書籍

かじわら-たけお 1923-2009昭和-平成時代の囲碁棋士。大正12年2月25日生まれ。昭和9年関山利一に入門。12年初段。22年坂田栄男(えいお)らと囲碁新社を創立するが,翌年日本棋院に復帰。藤沢秀行,山部俊郎とともに戦後三羽烏とよばれ,名人戦リーグに通算7回はいるなど活躍。40年9段。テレビの囲碁解説でしたしまれた。平成12年引退。平成21年11月28日死去。86歳。新潟県出身。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 佐渡市
  • 囲碁
  • 定石
  • 棋士
  • 利一
  • 新潟県
  • 日本棋院
  • 関山
  • 代表
  • 佐渡郡
  • 原語
  • 受賞
  • 梶原
  • 棋歴
  • 棋道
  • 畑野町
  • 著作
  • みさを
  • ドリル
  • ヤスリ
  • 一家
  • 上京
  • 入段
  • 入門
  • 出身
  • 初参加
  • 多く
  • 大局観
  • 大手合
  • 天下一品
  • 姿勢
  • 年少
  • 引退
  • 影響
  • 感覚
  • 所属
  • 本因坊秀哉
  • 棋風
  • 武田
  • 求道
  • 畑野
  • 若手
  • 薫陶
  • 部分
  • 門下