生年月日データベース

梅崎司うめさきつかさ

男子サッカー選手[日本]

1987年 2月23日

梅崎 司(うめさき つかさ、1987年2月23日 - )は、長崎県諫早市出身のプロサッカー選手。
Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。
登録ポジションはミッドフィールダーで主にトップ下、左サイドでプレーする。
元日本代表。
大分トリニータU-18から2005年にトップチームへ昇格。
2006年途中からレギュラーに定着した。
同年8月31日、アジアカップ2007の最終予選に向けたA代表メンバーに、当時のチームメイトであった西川周作と共に選出された。
これによりクラブ初のA代表選手となると、9月6日に行われたイエメン戦で交代出場し、代表初出場を記録した。
2007年1月26日にフランス2部のグルノーブル・フット38へレンタル移籍。
完全移籍のオプションもあったが行使されず、同年6月末の契約期間満了を前倒しして大分トリニータへ復帰。
同年12月26日、浦和レッズへの完全移籍が発表された。
浦和移籍初年度となった2008年は、鋭いドリブルと思い切りの良いシュートを武器に序盤戦はチームの攻撃を牽引していたが、フリーにポジションを取って自由にプレーすることを好む梅崎に反し、一部の選手を除いてリスクを冒してまで選手が自由に動くことを好まなかった当時の監督、ゲルト・エンゲルスの方針に合わず、中盤戦以降出場機会を失っていった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。背番号7。 1987年2月23日生まれ 長崎県出身 168cm 68kg 日本人フィールドプレーヤーとして、はじめて大分U-18からの昇格を果たした選手。 U-18時代は中盤の左サイドを務めていたが利き足は右足である。*1 小柄ながらもスピードを活かした重心の低いドリブルが持ち味で、 サイドから中に切れ込んでのミドルシュートを得意とする。 DFライン裏への飛び出しも魅力の一つで、プロ入団後はシャムスカ監督の指導の下、 トップ下及び1・5列目の選手としてレギュラーの座を獲得した。 オシム前日本代表監督就任直後の日本代表中東遠征に2世代特進で初招集され、 9月6日の対イエメン戦の後半ロスタイムに代表デビューを果たすと U-20代表ではチームの主力としてU-20ワールドカップでも活躍を見せた。 とにかく上昇志向・海外指向の強い選手で2007年2月から期限付きによる仏グルノーブル移籍が決定するも、 フィジカル面や外国人枠の関係から目立った活躍を見せることが出来ず わずか3ヶ月弱で大分に復帰し低迷していたチームの残留に貢献。 2008年度からは浦和レッズに完全移籍したが、なかなか出場機会には恵まれずチームに貢献することもできなかった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • クラブ
  • 代表
  • 湘南ベルマーレ
  • ミッドフィールダー
  • 所属
  • 日本
  • グルノーブル
  • サッカー
  • タイトル
  • トリニータ
  • リーグ
  • 個人
  • 出場
  • 大会
  • 大分
  • 成績
  • 浦和レッズ
  • 試合
  • 関連
  • トップ
  • プレー
  • プロ
  • ポジション
  • 登録