生年月日データベース

横山典弘よこやまのりひろ

競馬騎手[日本]

1968年 2月23日 生 (満50歳)

横山典弘 - ウィキペディアより引用

横山 典弘(よこやま のりひろ、1968年2月23日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の騎手である。
美浦トレーニングセンター所属で現在はフリー。
父は元JRA騎手の横山富雄、兄も元JRA騎手の横山賀一(ただしJRAの騎手免許は典弘のほうが先に取得している)。
さらに叔父に元JRA調教師の奥平真治がおり、身内に競馬関係者が多数存在するなかで育つ。
そのほか、義弟(妹の夫)に元JRA騎手・JRA調教師の菊沢隆徳が、長男にJRA騎手の横山和生がいる。
なお、競馬新聞ではデビュー当時は横山雄一と、現在は横山義行および息子の和生と区別するため、横山典と表記されている。
1986年3月1日、中山競馬第2競走でデビュー(リキアイシンプウに騎乗し12頭立ての3着)。
初勝利は同年4月29日の東京競馬第12競走のキオイゴッド。
デビュー年は8勝と奮わなかったが、翌年は31勝(障害競走1勝も含む)を挙げる。
3年目の1988年にはウインターステークスでソダカザンに騎乗し重賞初制覇。
1990年にはキョウエイタップでエリザベス女王杯を制し初めてのGIタイトルを獲得。

■ 映像作品

■ 関連書籍

JRA騎手。美浦トレーニングセンター所属。2000年からフリー。 横山富雄は実父、横山賀一は実兄でそれぞれ元騎手。現JRA騎手菊沢隆徳は義理の弟にあたる。 1968年2月23日生まれ。茨城県出身。石栗龍雄?厩舎からデビューし1986年初騎乗、同年4月29日キオイゴッド?に騎乗し初勝利。1988年のウインターSで重賞初制覇。1990年キョウエイタップに騎乗しGI初制覇。他、メジロライアン、サクラローレル、トロットサンダー、セイウンスカイの主戦騎手として活躍した。 これまでに優秀騎手賞を12回(1990年,1992年,1995年〜2004年)、フェアプレー賞を2回(1998年,2004年)受賞し、1995年、2005年、2006年の関東リーディングジョッキー。逃げて良し、追って良しの関東トップジョッキーの一人。2007年7月21日の函館競馬第9レースで中央競馬史上5人目となるJRA通算1,800勝を達成した。また2008年6月15日、エプソムCをサンライズマックスに騎乗し優勝。この勝利で史上5人目、現役では2人目となるJRA重賞通算100勝を達成した。2009年5月31日、東京優駿(日本ダービー)をロジユニヴァースに騎乗し優勝。関東所属の騎手では1997年の大西直宏以来のダービージョッキーとなった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 競走
  • 騎乗
  • 騎手
  • エピソード
  • センター
  • テレビ
  • トレーニング
  • 出典
  • 出演
  • 勝利
  • 受賞歴
  • 奥平真治
  • 年度
  • 当該
  • 成績
  • 横山
  • 横山和生
  • 横山富雄
  • 横山賀一
  • 武史
  • 注釈
  • 美浦
  • 記録
  • 調教師
  • 関連
  • フリー
  • 三男
  • 免許
  • 典弘
  • 叔父
  • 所属
  • 現在
  • 長男