誕生日データベース

澤口俊之さわぐちとしゆき

生物学者[日本]

1959年 2月23日

澤口 俊之(さわぐち としゆき、1959年2月23日 - )は日本の生物学者、脳科学評論家。
専門は認知神経科学、霊長類学、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部教授。
東京都葛飾区生まれ、東京都立両国高等学校卒業、北海道大学理学部生物学科卒業、京都大学大学院理学研究科動物学専攻博士課程修了。
久保田競門下で1987年に京都大学理学博士の学位を取得。
血液型はO型。
既婚。
高次脳機能、特に前頭連合野の研究を専門とする日本の認知神経科学者。
脳機能局在論の立場から脳構造の最小単位を複数の神経細胞の集まったコラムとし、コラムや複数のコラムが集まったモジュール及び複数のモジュールが集まったフレームといった概念で脳内構造が能力因子と対応すると説明した多重フレームモデルなどで知られる。
脳の育成を目指す「脳育成学・脳教育学」の発展も行う。
2006年、北海道大学を退職。
株式会社人間性脳科学研究所を設立し、自ら所長を務めているほか、民間企業2社の研究顧問や、北海道のお魚を愛する会の会長などを務めている。

■ 関連書籍

連想語句
  • テーマ
  • メディア
  • 両国
  • 共著
  • 出演
  • 北海道大学
  • 卒業
  • 単著
  • 受賞歴
  • 学会
  • 学校
  • 所属
  • 東京
  • 東京都
  • 武蔵野学院大学
  • 理学
  • 神経
  • 科学
  • 著書
  • 葛飾区
  • 訳書
  • 認知
  • 都立
  • 霊長類
  • 高等
  • コミュニケーション
  • 京都大学
  • 国際
  • 大学院
  • 学部
  • 専門
  • 教授
  • 既婚
  • 理学部
  • 生物学
  • 評論家