誕生日データベース

内海好江うつみよしえ

漫才師[日本]

1936年 2月23日

1997年 10月6日 死去胃がん享年62歳
内海好江 - ウィキペディアより引用
内海 好江(うつみ よしえ 、本名;奥田 好江、1936年2月23日 - 1997年10月6日)は、東京市浅草区(現・台東区)出身の漫才師である。
マセキ芸能社に所属していた。
来歴・人物 両親は夫婦漫才師の荒川小芳・林家染寿。
1945年にデビュー。
女剣劇や父娘漫才を経て、1950年の14歳の時に内海桂子とコンビ結成。
三味線教室へ通い毎日10時間以上の猛練習を行い、猛スピードで成長。
1958年、4度目の挑戦で『NHK新人漫才コンクール』で優勝。
その前年は、準優勝だったことを桂子から「好江のせいだ」と当たられ自殺未遂を起こしたことがある。
1961年には『文部省芸術祭奨励賞』を受賞し、1982年には『芸術選奨文部大臣賞』を受賞した。
長くコンビを組むうちに桂子との間に軋轢が生まれ、デビュー以来ギャラ配分が4:6だったことがきっかけで解散騒ぎに発展。
事務所などが間に入り解散は免れたものの、このことがきっかけで1人で仕事をしたいと思い至り、単独での番組出演をするようになる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 漫才
  • エピソード
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • マセキ
  • 内海桂子
  • 出演
  • 台東区
  • 弟子
  • 新人
  • 映画
  • 芸能
  • 芸術
  • 著書
  • 関連
  • コンクール
  • コンビ
  • デビュー
  • 三味線
  • 両親
  • 優勝
  • 出身
  • 前年
  • 大賞
  • 夫婦
  • 奨励
  • 女剣劇
  • 好江
  • 寿
  • 川小
  • 成長
  • 所属
  • 挑戦
  • 教室
  • 文化庁
  • 文部省
  • 未遂
  • 林家
  • 桂子
  • 毎日
  • 準優勝
  • 演芸
  • 父娘
  • 猛スピード
  • 猛練習
  • 結成
  • 自殺