生年月日データベース

北島忠治きたじまちゅうじ

ラグビー監督[日本]

1901年 2月23日

1996年 5月28日 死去享年96歳

北島 忠治(きたじま ちゅうじ、1901年2月23日 - 1996年5月28日)は、日本のラグビー監督。
新潟県上越市安塚区安塚町出身。
1929年から死去するまで67年にわたり明治大学ラグビー部監督を務めた。
彼の作り上げた明大ラグビー部十訓のもと 「前へ」 と言い続けた彼の言葉は 明治の代名詞 になった。
通称忠さん、北島御大、北島先生。
来歴・人物 喧嘩っ早く数校の学校を経て有恒学舎中を卒業、神楽坂の伯母を頼り上京。
喧嘩癖はなおらず、一時は「坂の忠治」との異名をとった。
1921年旧制明治大学専門部入学。
元は相撲部出身で、神楽坂の筑土八幡神社でよく練習をしていた。
ラグビーの経験はそれまでなく、大学2年生の時にメンバーが足りないとの理由で助っ人を頼まれたことがきっかけで、相撲部からラグビー部に転部。
1926年 - 1928年まで明治大学のスクラムセンター(今のフッカー)として活躍。
1928年12月8日に神宮競技場で行われた伝統の早明戦には明治大学の主将として出場している。
1929年、明治大学法学部卒業。
卒業と同時に監督就任。
早大ラグビー部を率いた大西鐡之祐とは全く対照的なラグビー理論を掲げていたため比較し続けられた。

■ 関連書籍

ラグビー指導者。 1900年生まれ。 1921年、旧制明治専門部入学。1929年の卒業と同時に監督就任。 その後、67年にわたり明治大学ラグビー部監督を務める。彼が言い続けた「前へ」は明治の代名詞になった。 その間、日本代表監督も務めた。 1996年5月28日逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ラグビー
  • 明治大学
  • 卒業
  • 大学
  • 専門
  • 明治
  • 相撲
  • 神楽坂
  • フッカー
  • 上越市
  • 入学
  • 八幡神
  • 出身
  • 北島
  • 大西鐡之祐
  • 学校
  • 安塚区
  • 新潟県
  • 旧制
  • 早明戦
  • 有恒
  • 法学部
  • 監督
  • 筑土
  • きっかけ
  • もと
  • スクラム
  • センター
  • メンバー
  • 上京
  • 主将
  • 代名詞
  • 伝統
  • 伯母
  • 先生
  • 出場
  • 助っ人
  • 十訓
  • 喧嘩
  • 学舎
  • 安塚町
  • 就任
  • 御大
  • 忠治
  • 新潟
  • 早大
  • 早稲田大学
  • 明大
  • 死去
  • 比較
  • 活躍
  • 理由
  • 理論
  • 異名
  • 県立
  • 神宮
  • 競技場
  • 経験
  • 練習
  • 言葉
  • 蹴球
  • 転部
  • 通称
  • 高等