生年月日データベース

オルガ・モロゾワOlga Vasilyevna Morozova

テニス選手[ソ連]

1949年 2月22日

オルガ・モロゾワ(Olga Morozova, ロシア語: Ольга Васильевна Морозова, 1949年2月22日 - )は、ソビエト連邦(現在はロシア)・モスクワ出身の元女子テニス選手。
男子選手のアレックス・メトレベリと並んで、ソ連におけるテニス競技の草分けに大きく貢献した名選手である。
1974年の全仏オープンとウィンブルドンの2大会連続で、4大大会に準優勝した。
モロゾワの経歴を通じて「ソビエト連邦出身の女子テニス選手として史上初」の業績は多い。
現役生活でシングルス20勝、ダブルス10勝を挙げた。
モロゾワは1965年のウィンブルドン女子ジュニアシングルス部門に16歳で優勝し、翌1966年で本戦に初出場した。
1968年、モロゾワは5歳年上の先輩選手アレックス・メトレベリと混合ダブルスのペアを組み、ソ連出身の選手として初のウィンブルドン混合ダブルス決勝に進出した。
ソ連ペアは初舞台の決勝戦で、ケン・フレッチャー&マーガレット・コート(ともにオーストラリア)組に 1-6, 12-14 で敗れた。

連想語句
  • ウィンブルドン
  • 選手
  • テニス
  • アレックス
  • メトレベリ
  • モロゾワ
  • 選手権
  • ソ連
  • ダブルス
  • モスクワ
  • 出身
  • 女子
  • オーストラリア
  • オープン
  • ケン
  • コート
  • シングルス
  • フレッチャー
  • ペア
  • マーガレット
  • ロシア
  • 全仏
  • 大会
  • 決勝
  • 混合
  • グランドスラム
  • ジュニア
  • スミス
  • ソビエト
  • 優勝
  • 先輩
  • 初出場
  • 初舞台
  • 史上初
  • 年上
  • 本戦
  • 業績
  • 準優勝
  • 現役
  • 生活
  • 男子
  • 競技
  • 草分け
  • 貢献
  • 連続
  • 連邦
  • 進出
  • 部門