誕生日データベース

財津一郎ざいついちろう

俳優コメディアン歌手[日本]

1934年 2月22日

財津 一郎(ざいつ いちろう、男性、1934年2月22日 - )は、日本の俳優、コメディアン、歌手である。
本名、財津 永栄(ざいつ ながひで)。
旧芸名は財津肇メ。
熊本県立済々黌高等学校卒業。
熊本県熊本市出身。
父親は農林省(現:農林水産省)の役人で3人兄弟の末っ子として東京に住んでいたが、その父親が中国へ出征し、1944年一家は故郷の熊本へ疎開、終戦後も高校を卒業するまでを熊本で過ごした。
1953年上京後早大文学部演劇学科受験に失敗。
アルバイト生活をしつつ、当時東京都大田区にあった榎本健一映画演劇研究所(いわゆるエノケン学校)で演技の勉強をする。
同時に帝劇ミュージカルの研究生になる。
1955年に帝劇ミュージカル解散の後、財津肇メ(ざいつ はじめ)の芸名で石井均一座に入門(このとき楽屋の化粧前でばったり会ったのが現在の伊東四朗である)。
また新宿の劇団「ムーラン」の舞台に立った。
その「ムーラン」も数年後解散の憂き目に遭い、一時は大阪からやり直しと宝塚新芸座からOSミュージックホールと歩いた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名財津一郎 性別男性 生年月日1934/02/22 星座うお座 干支戌年 出身地熊本県 身長176cm 体重80kg デビュー年1953 職種タレント・俳優・女優 プロフィール1953年、帝国劇場『赤い絨毯』でデビュー。1965年、TBS『てなもんや三度笠』に蛇口一角役で出演、「キビシッ~!」などのギャグで爆発的な人気を得る。その後は主にドラマや映画に重きを置き活躍。1974年、『薮原険校』他でゴールデンアロー演劇賞を受賞。1985年、『お葬式』他で日本アカデミー賞助演男優賞を受賞。1940年、『ホームスイートホーム2』でウラジオストック国際フェスティバル最優秀俳優賞を受賞。その他の主な出演作品に、NHK『天花』、CM『スタミナ食品(現・エスフーズ)「こてっちゃん」』など。 デビュー作舞台『赤い絨毯』 代表作品NHK『天花』/テレビ朝日『はぐれ刑事純情派・スペシャル』/日本テレビ『さんまの踊る御殿』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • アニメ
  • アルバム
  • ギャグ
  • コメディアン
  • シングル
  • テレビドラマ
  • ナレーション
  • バラエティ
  • ラジオ
  • 作品
  • 出典
  • 出演
  • 学校
  • 映画
  • 歌手
  • 注釈
  • 済々黌
  • 熊本
  • 熊本市
  • 熊本県
  • 県立
  • 著書
  • 高等
  • 出身
  • 卒業