生年月日データベース

奥村愛子おくむらあいこ

歌手[日本]

1980年 2月28日 生 (満38歳)

奥村 愛子(おくむら あいこ、1980年2月28日 - )は埼玉県草加市出身のシンガーソングライターである。
青山学院大学卒業。
血液型はA型。
1998年、青山学院大学に入学しバンドを組む。
1999年、作詞作曲を行うようになる。
2001年、ソロでの活動を始める。
2003年10月22日、シングル「いっさいがっさい」を発売する。
2004年、EMIミュージック・ジャパンVirgin Musicよりメジャーデビューする。
同年1月21日、ミニアルバム「いっさいがっさい」を発売する。
同年6月23日、ミニアルバム「蝶」を発売する。
2005年1月26日、シングル「冬の光」を発売する。
同年2月23日、アルバム「万華鏡」を発売する。
同年9月7日、シングル「恋したいハート」を発売する。
同年11月16日、シングル「くちびるセクシー」を発売する。
2006年2月15日、アルバム「虹色ナミダ」を発売する。
同年10月2日、公式ホームページにて音楽活動の休止を発表する。
同年10月21日、フリーで活動を再開する。
2007年4月、コロムビアアーティストマネジメント(株)と契約。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    ストライプ
    歌手
    発売元
    IVY Records
    発売日
    2018年9月26日
    新品価格
    ¥ 3,185 より
    中古商品
    より
  • タイトル
    まやかし横丁
    歌手
    発売元
    IVY Records
    発売日
    2018年7月11日
    新品価格
    ¥ 1,296 より
    中古商品
    ¥ 850 より
  • タイトル
    ランタンレッド
    歌手
    発売元
    ラムネミュージック
    発売日
    新品価格
    ¥ 3,300 より
    中古商品
    ¥ 2,980 より
  • タイトル
    蝶 (CCCD)
    歌手
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    発売日
    2004年6月23日
    新品価格
    ¥ 764 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    いっさいがっさい (CCCD)
    歌手
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    発売日
    2004年1月21日
    新品価格
    ¥ 2,770 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    万華鏡
    歌手
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    発売日
    2005年2月23日
    新品価格
    ¥ 2,000 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    ラヴマッチ
    歌手
    発売元
    インディーズ・メーカー
    発売日
    2007年10月24日
    新品価格
    ¥ 3,450 より
    中古商品
    ¥ 2,037 より
  • タイトル
    歌手
    発売元
    SPACE SHOWER MUSIC
    発売日
    2012年1月18日
    新品価格
    ¥ 2,404 より
    中古商品
    ¥ 1,094 より
  • タイトル
    ショッキングブルー
    歌手
    発売元
    SPACE SHOWER MUSIC
    発売日
    2013年2月20日
    新品価格
    ¥ 3,061 より
    中古商品
    ¥ 1,746 より
  • タイトル
    虹色ナミダ
    歌手
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    発売日
    2006年2月15日
    新品価格
    ¥ 1,187 より
    中古商品
    ¥ 1 より

シンガー・ソングライター 以下MSレコードのWebより抜粋 1980年2月28日、テレビドラマや舞台の脚本家の父と、舞台女優を目指していた母の間に生まれる。音楽に溢れている家庭環境で、自然と70年代や80年代のPOPS、いわゆる流行歌を聴いて育つ。が、探究心旺盛だった彼女は「この音楽の元は何?」「この曲のルーツは何?」とどんどん掘り下げていき、ブギの女王、笠置シヅ子にまでたどり着く事となり、 JAZZのスイング感、ブギのハッチャケ感の虜になる。また同時にJAZZやロカビリーブームの後、60年前後に日本を席巻した「和訳ポップス」にも多大な影響を受ける。切ないメロディーには勿論の事その意外性に満ちた日本語のフレーズは、間違いなく現在の奥村愛子の詞にも感じられる部分である。そして戦後から10年間の流行歌、、、これが私が一番やりたいことなんだ!という奥村愛子の強い意志が確立したのである。 3rdシングルのプロデューサー・つんく♂曰く「ノスタルジック・エロスティック歌謡」。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アルバム
  • シングル
  • 発売
  • 青山学院大学
  • いっさいがっさい
  • グラフィー
  • ジャパン
  • ディスコ
  • ミュージック
  • 作品
  • 同年
  • 提供
  • シンガー
  • ソロ
  • ソング
  • デビュー
  • バンド
  • メジャー
  • ライター
  • 作曲
  • 作詞
  • 入学
  • 卒業
  • 活動