誕生日データベース

堀口一史座ほりぐちかずしざ

将棋棋士[日本]

1975年 2月28日

堀口 一史座(ほりぐち かずしざ、1975年2月28日 - )は、将棋棋士。
伊藤果門下。
棋士番号は218。
東京都出身。
棋歴 第18回(1995年度後期)奨励会三段リーグで1位(14勝4敗)の成績を収め、プロ入りした。
プロ3年目の1998年度、NHK杯戦で決勝進出。
決勝の相手は羽生善治四冠(当時)であった。
堀口の先手で横歩取り模様の出だしで14手まですらすらと進んだが、15手目、通常▲3四飛と横歩を取る一手のところで堀口の手が止まり、序盤早々に時間を使う。
そして結局、横歩を取らずに飛車を2八に引き、相掛かり腰掛銀の戦形になった。
結果は羽生の勝ちで、堀口は準優勝に終わる。
第30回(1999年度)新人王戦で準優勝(優勝者は藤井猛)。
公式戦として1期目の第8期(2000年度)銀河戦で、本戦(ブロック)で米長邦雄、島朗らを破り15連勝。
決勝トーナメントでは佐藤康光、森内俊之らを下して準優勝(優勝は羽生善治)。
全日本プロ将棋トーナメントを発展させ、準タイトル戦としてスタートした2001年度の朝日オープン将棋選手権において、決勝五番勝負で杉本昌隆を3-1で破って初代チャンピオンとなり、選手権者として1期在位した。
連想語句
  • 棋歴
  • 将棋
  • 棋士
  • 成績
  • 横歩
  • クラス
  • プロ
  • 伊藤果
  • 優勝
  • 在籍
  • 堀口
  • 大賞
  • 奨励会
  • 履歴
  • 昇段
  • 東京都
  • 棋戦
  • 棋風
  • 決勝
  • 番号
  • 羽生善治
  • 関連
  • ところ
  • テレビ
  • トーナメント
  • リーグ
  • 一手
  • 三段
  • 先手
  • 出だし
  • 出身
  • 序盤
  • 当時
  • 後期
  • 新進
  • 時間
  • 模様
  • 相手
  • 通常
  • 進出
  • 門下