生年月日データベース

高木美帆たかぎみほ

女子スピードスケート選手[日本]

(平昌オリンピック代表選手、1500mで銀メダル)

1994年 5月22日

高木美帆 - 女子スピードスケート選手

高木 美帆(たかぎ みほ、1994年5月22日 - )は、日本のスピードスケート選手。
幕別町立札内中学校、北海道帯広南商業高等学校卒、日本体育大学在学。
主に1500mを得意とする。
また、500mから3000mまでのオールラウンダーでもある。
姉はソチオリンピックスピードスケート日本代表選手の高木菜那。
両親と兄・姉の5人家族で、兄・姉もスピードスケート選手である。
兄や姉の影響で5歳からスケートを始める。
7歳からはサッカーにも打ち込み、中学では男子に混じりフォワードでレギュラーを獲得。
北海道選抜としてJヴィレッジでのナショナルトレセン女子U-15合宿にも参加した。
2009年1月の全日本ジュニアスピードスケート選手権で総合優勝。
2月にポーランド・ザコパネで開催された世界ジュニア選手権で総合4位。
同月にオランダ・フローニンゲンで開催されたジュニアワールドカップ500m、1000m優勝。
2×500m合計タイム80秒61は中学新記録。
2009年12月に長野・エムウェーブで開催されたバンクーバー五輪代表選考会で1500mを1分59秒47の中学新記録で優勝。

■ 関連書籍

日本の女子スピードスケート選手。500メートル~3000メートルまでの種目をオールラウンドにこなす。1994年5月22日生まれ。163.5cm。北海道幕別町出身。幕別町立札内中学校を卒業し、帯広南商業高等学校に進学(2012年2月現在、在学中)。趣味はヒップホップダンス。7歳から始めたサッカーでも有望視され、Jビレッジで行われたナショナルトレーニングセンターU-15(15歳以下)の合宿に招集された経験を持つ。 兄、姉の影響で5歳の時にスケートを始める。08年には、全日本ジュニア選手権優勝、世界ジュニア選手権総合4位などの成績をあげて注目され始める。 09年12月のバンクーバー・オリンピック代表選考会では、1500メートルで1分59秒47の中学新記録をマークして優勝。日本スピードスケート史上最年少でのオリンピック代表に選出されて、一躍、国内での注目が高まった。しかし、バンクーバー・オリンピック本番では、1000メートル35位、1500メートル23位と振るわず、日本チームが銀メダルを獲得したチームパシュートでもメンバーから外れ、目立った成績を残すことができなかった。オリンピック前の初めての海外長期遠征でコンディション調整がうまくいかなかったことが原因の一つとも言われている。 バンクーバー・オリンピックの後は、スケートのブレードにしっかりと重心を乗せ、伸びを意識したフォーム改造に取り組む。12年1月21日、アメリカで開催されたスピードスケートワールドカップ(Bクラス)1000メートルで1分15秒40の世界ジュニア新記録を樹立。同年2月モスクワで開催中のスピードスケート世界選手権(短距離から長距離まで4種目の総合成績で優勝を争う)では …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 体育
  • 北海道
  • 学部
  • 幕別町
  • 日本体育大学
  • エピソード
  • スケート
  • 世界
  • 中川郡
  • 代表
  • 制覇
  • 助手
  • 商業
  • 大学
  • 学校
  • 学科
  • 帯広
  • 落選
  • 進学
  • 関連
  • 高木菜那
  • 高等
  • サッカー
  • スピード
  • 両親
  • 中学校
  • 以下
  • 保持者
  • 出身
  • 十勝
  • 卒業
  • 家族
  • 教育
  • 日本
  • 立札
  • 菜那
  • 記録
  • 選手