誕生日データベース

菅井きんすがいきん

女優[日本]

(旧芸名・須斎キミ子)

1926年 2月28日

菅井 きん(すがい きん、本名;佐藤 キミ子、旧芸名・旧姓名;須斎 キミ子、1926年2月28日 - )は、日本の元女優である。
血液型はB型。
身長155cm、体重45kg。
特技は三味線。
仕事所属。
来歴・人物 東京府東京市牛込区(現:東京都新宿区)早稲田町出身。
頌栄高等女学校卒業。
第二次世界大戦末期から終戦直後まで、徴用逃れで文部省総務課・東京帝国大学学生課で事務職員として勤めていた。
しかし演劇への情熱が捨てられず、劇団俳優座に入団し舞台に立つ。
芸名の「菅井きん」は、本名(当時は旧姓)をもじったものであり、新劇時代の恩師である脚本家の久保栄に付けてもらった。
「東大の事務職員を辞めて、本格的に女優になりたい」と父に相談したところ、「女優とは美しい女性がなるものだ」と反対され、舞台を見ることなく1971年ころに死去している。
新劇時代に映画監督に映画女優としてスカウトされ、1951年に『風にそよぐ葦』で映画デビューの後、数々の映画、テレビに出演。
今や日本の演劇・テレビドラマには欠かせない名脇役となった。
1954年、東宝特撮映画『ゴジラ』に代議士の役で出演しているが、翌1955年の川島雄三監督作品『愛のお荷物』(日活)にもほとんど同じ格好をした野党の議員役で登場した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名菅井きん 性別女性 生年月日1926/02/28 星座うお座 干支寅年 血液型B 出身地東京都 身長155cm 体重45kg 職種タレント・俳優・女優 プロフィールOL生活を経て1946年、東京芸術劇場研究所に入所。翌年『林檎園日記』で初舞台を踏む。劇団解散後、俳優座に移籍。『黄色い部屋』『三ちゃんと梨枝』『血の花』などの舞台で好演したほか、1949年には東映『風にそよぐ葦』で映画デビュー。1959年1月、俳優座退団。その後も一貫して庶民の代表的な持ち味のバイプレーヤーとして多数の作品で活躍。なかでも『必殺』の(中村主水)シリーズには姑役で全作品に出演し、その痛快なムコいびりぶりで人気を呼ぶ。1984年には映画『お葬式』で日本アカデミー賞助演女優賞、報知映画祭助演女優賞受賞。1990年秋、紫綬褒章、1996年に勲四等宝冠章受章している。 代表作品映画『ぼくのおばあちゃん』(主演/監督・榊英雄)(2008)/映画『生きる』(監督/黒澤明)/TVドラマ『NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • バラエティ
  • ラジオ
  • 三味線
  • 仕事
  • 作品
  • 出演
  • 受賞歴
  • 新宿区
  • 早稲田町
  • 映画
  • 東京都
  • 牛込
  • 舞台
  • 著作
  • 音楽
  • 中学校
  • 企業
  • 出身
  • 所属
  • 特技
  • 頌栄女子学院
  • 高等