生年月日データベース

森澄雄もりすみお

俳人[日本]

1919年 2月28日

2010年 8月18日 死去享年92歳

森 澄雄(もり すみお、1919年(大正8年)2月28日 - 2010年(平成22年)8月18日)は、長崎県出身の俳人。
加藤楸邨に師事、「杉」を創刊・主宰。
本名、森澄夫。
兵庫県旭陽村(現・姫路市網干区)に生まれ、5歳より長崎県長崎市で育つ。
父・貞雄、母・まゑの長男。
父は歯科医で冬比古の俳号を持つ俳人であった。
長崎市立朝日尋常小学校、長崎県立瓊浦中学校、長崎高等商業学校(現長崎大経済学部)卒業。
1942年、九州帝国大学法文学部経済学科卒業と同時に応召、44年から南方を転戦し、ボルネオで終戦を迎える。
46年、復員。
47年、佐賀県立鳥栖高等女学校教員となり、48年、勤務先で出会った女性と結婚。
上京し東京都立第十高等女学校(現・都立豊島高校)に就職、同校の作法室に住んだ。
俳句は父・冬比古の影響ではじめ、高等商業在学中に学内の句会「緑風会」入会、松瀬青々門の野崎比古教授の指導を受ける。
また「馬酔木」の句会に参加、加藤楸邨の指導を受けた。
1940年、楸邨の主宰誌「寒雷」創刊に参加し楸邨に師事。
翌年に巻頭を取り注目される。
第一回寒雷暖響賞を受賞、1956年から71年まで同誌編集にも携わった。

■ 関連書籍

もり-すみお 1919-2010昭和-平成時代の俳人。大正8年2月28日生まれ。昭和15年加藤楸邨(しゅうそん)の「寒雷」にはいり,のち編集長をつとめる。45年「杉」を創刊,主宰。53年「鯉素(りそ)」で読売文学賞,62年「四遠」で蛇笏(だこつ)賞。平成9年芸術院恩賜賞。同年芸術院会員。17年文化功労者。宇宙の広大さをよみこんだ句が特色。平成22年8月18日死去。91歳。兵庫県出身。九州帝大卒。本名は澄夫。句集はほかに「白小」,評論に「森澄雄俳論集」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 俳人
  • 長崎県
  • 作品
  • 俳書
  • 兵庫県
  • 出典
  • 加藤楸邨
  • 受賞
  • 句集
  • 姫路市
  • 小学校
  • 市立
  • 旭陽
  • 朝日
  • 栄誉
  • 網干区
  • 著作
  • 長崎
  • 長崎市
  • 関連
  • 主宰
  • 俳号
  • 冬比古
  • 出身
  • 創刊
  • 尋常
  • 師事
  • 本名
  • 歯科医
  • 澄夫
  • 貞雄
  • 長男