生年月日データベース

ニーナ・シモンNina Simone

ジャズ歌手[アメリカ]

1933年 2月21日

2003年 4月21日 死去享年71歳
ニーナ・シモン - ウィキペディアより引用

ニーナ・シモン (Nina Simone、1933年2月21日 - 2003年4月21日)は個性的な歌声で知られるアメリカ合衆国 アメリカのジャズ歌手・音楽家である。
本名はEunice Kathleen Waymon(ユニース・キャサリン・ウェイモン)。

1933年2月21日にノースカロライナ州、トライロンで7人兄弟の6番目として生まれた。
4歳からピアノを弾き始め、彼女の才能にほれ込んだ周囲のバックアップを得て、クラシック音楽のトレーニングで有名なジュリアード音楽院に進学。

しかし、貧しかった家族を助ける為、1954年にはアトランティック・シティのアイリッシュ・バーで初めて音楽を仕事にしている。

このバーのオーナーに薦められ歌い始め、やがて名前をニーナと改め、尊敬するフランスの女優、シモーヌ・シニョレに因んで、ニーナ・シモンと名付けた。
したがって、本来は「ニーナ・シモーヌ」と読むのが正しいのかもしれない。
音楽はジャズに限らずポップスなど幅広いジャンルを取り入れた他、人種差別主義者による教会爆破事件に抗議したのを切っ掛けに、1960年代の公民権運動 黒人公民権運動にも参加するなど精力的な活動を見せた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

→Nina Simone 1933年、ノース・カロライナ州の生まれ。 若い頃は、クラシックのピアニストになるためにジュリアード音楽院で学んだ。これは当時の黒人女性としては極めて異例の経歴だった。シンガー/ピアニストとしては、50年代末から頭角を現わし、59年のデビュー・アルバム『ニーナ・シモン』に収録された「アイ・ラブズ・ポーギー」のヒットから、アレサ・フランクリンなどと共に新しい時代の黒人女性シンガーとして注目を浴びる存在ととなった。  60年代には黒人解放運動にもかかわり、また、ジャズとポップ・ソングの境界を気にすることなく自在に歌いこなしたシンガーでもあった 2003年4月21日、フランスにある自宅で亡くなった。死因は、長い闘病生活のあとの、自然死であるとマネージメントから発表された。70歳だった。 (引用元 Hatena Keyword)

「ニーナ・シモン」と関連する人物

連想語句
  • 時代
  • バイオグラフィ
  • ビクター
  • グラフィ
  • コル
  • シンガー
  • ジャズ
  • ディスコ
  • ピックス
  • フィリップス
  • ベツレヘム
  • レコード
  • 伝記
  • 映画
  • 歌手
  • 歴史
  • 関連
  • 離籍
  • ウェイ
  • キャサリン
  • ゴスペル
  • ストーン
  • ピアニスト
  • フォーク
  • ブルース
  • モン
  • ユニース
  • ローリング
  • 公民権
  • 市民
  • 本名
  • 活動家
  • 運動家