生年月日データベース

四方田犬彦

比較文学者[日本]

1953年 2月20日

四方田 犬彦(よもた いぬひこ、1953年2月20日 - )は、日本の比較文学者、映画史家。
専攻は比較文学、映画史、漫画論、記号学。
本人は「映画評論家ではない」と言っているが、その肩書が用いられることがある。
大阪府生まれ。
東京大学人文系大学院比較文学比較文化科博士課程中退。
蓮實重彦門下と見られがちであり実際に大学三年時から蓮實の映画ゼミにも参加しているが、当初は由良君美の一般教養ゼミに所属、宗教学科時代は柳川啓一に師事、大学院では佐伯彰一の門下。
また、蓮實の映画評論にも現在は批判的である。
本名は、四方田 剛己(- ごうき)。
旧姓名、小林剛己。
妻は台湾日本文学研究者の垂水千恵。
母方の遠縁に岡田節人がいる。
本来は「四方田 丈彦」との筆名を用いるつもりだったが、出版社に「四方田 "犬"彦」と誤植され、そのまま筆名にしたという説があるが、『待つことの悦び』(青玄社、1992年)所収「ぼくの本当の名前」ではこの説は間違いであると述べ、カール・パーキンスの「マッチボックス」の一節"I'll be a little dog till your big dog comes"に由来すると説明している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

1953年生まれ。大阪府出身(従来の西宮出生説は誤り*1)だが、幼少年期は東京ですごす。東京大学にて宗教学、同大学院にて比較文化を専攻。『空想旅行記の修辞学―「ガリヴァー旅行記」論』で修士号取得。建国大学(韓国)、東洋大学、コロンビア大学で教鞭をとったあと1990年より明治学院大学文学部芸術学科で映画史・映像論を講じる。同大言語文化研究所所長。1994年にボローニャ大学、2004年にテルアヴィヴ大学・プリシュティナ大学分校で客員教授をつとめる。 映画、文学、漫画、政治などの領域を中心に広範にわたるテーマでの著作多数。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • 編著
  • 共同
  • 共著
  • 出演
  • 単著
  • 受賞歴
  • 学歴
  • 漫画
  • 職歴
  • 著書
  • 記号
  • 訳書
  • 評論家
  • 関連
  • 雑誌
  • 本人
  • 肩書