生年月日データベース

林望

文学者エッセイスト[日本]

1949年 2月20日

林 望(はやし のぞむ、1949年2月20日 - )は、日本の作家、日本文学者。
かつては沢嶋 優(さわしま ゆう)のペンネームも使用していた。
東京都墨田区に、後に情報化社会を予見(1969年)した著名な未来学者、林雄二郎の次男として生まれる。
武蔵野市立第二中学校から東京都立戸山高等学校を経て、慶應義塾大学文学部国文学科卒業。
同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。
日本文学者としての専攻は近世書誌学である。
慶應義塾大学斯道文庫の研究員を目指したがかなわず、魚津短期大学への赴任が決まって失意のうちにあった時、東横学園女子短期大学に採用が決まった。
1984年から1987年まで、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の双方で研究のためイギリスに滞在し、この間にケンブリッジ大学のピーター・コーニツキ(Peter Kornicki)との共著である『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』を完成、1992年度国際交流基金国際交流奨励賞を受賞した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

はやし-のぞむ 1949-昭和後期-平成時代の書誌学者,国文学者。昭和24年2月20日生まれ。林雄二郎の次男,林健太郎の甥。ケンブリッジ大客員教授をつとめ,平成3年滞英経験をつづった「イギリスはおいしい」で日本エッセイスト・クラブ賞。「林望のイギリス観察辞典」などのほか,能楽解説書もかく。5年東京芸大助教授。11年から文筆に専念。25年「謹訳源氏物語」で毎日出版文化賞。東京都出身。慶大卒。著作に「ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録」(共著)など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 文学
  • ラジオ
  • 共編
  • 出演
  • 助教授
  • 家族
  • 小説
  • 書誌
  • 東京芸術大学
  • 監修
  • 系譜
  • 翻訳
  • 著作
  • 親族
  • 講演
  • 随筆
  • 以降
  • 在野
  • 文学者
  • 研究者