誕生日データベース

ジョージ・スムートGeorge Fitzgerald Smoot

物理学者[アメリカ]

1945年 2月20日

ジョージ・スムート - ウィキペディアより引用
ジョージ・フィッツジェラルド・スムート3世(George Fitzgerald Smoot III、1945年2月20日)は、アメリカ合衆国の物理学者。
カリフォルニア大学バークレー校物理学教授。

1989年にアメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げた人工衛星COBE(宇宙背景放射探査機)による観測でジョン・C・マザー ジョン・マザーとともに主導的な役割を果たし、宇宙背景放射が完全な均一ではなく、わずかな異方性(揺らぎ)があることを発見した。
ビッグバン理論ではこの異方性が成長して現在の宇宙を形づくる銀河などの基となったとされ、スムートの分析結果はビッグバン理論を強力に裏付けるものとなった。

2006年、「宇宙マイクロ波背景放射の異方性の発見」により、ジョン・マザーとともにノーベル物理学賞を受賞した。

■ 関連書籍

タイトル
宇宙のしわ―宇宙形成の「種」を求めて〈下〉
著者
ジョージスムート
発売元
草思社
発売日
1995-11
新品価格
¥ 2,051 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
宇宙のしわ―宇宙形成の「種」を求めて〈上〉
著者
ジョージスムート
発売元
草思社
発売日
1995-11
新品価格
¥ 2,052 より
中古商品
¥ 1 より
連想語句
宇宙放射業績経歴背景ジョンビッグバンマイクロマザー異方性アメリカカリフォルニアノーベルバークレーフロリダ州大学物理学賞理論発見編集航空ことものわずかスムートリンク人工分析参考受賞叙勲均一外部完全強力役割成長探査機教授文献物理学現在目次結果著書衛星観測銀河

↑ PAGE TOP