誕生日データベース

稲垣美穂子いながきみほこ

女優[日本]

稲垣 美穂子(いながき みほこ、本名:丹野 美穂子(たんの みほこ)、1938年2月20日 - )は、東京都町田市出身の女優・実業家。
夫は、『ハレンチ学園』等を撮った監督の丹野雄二。
稲垣 光穂子の名義で活動した時期もある。
1956年 日本女子大学在学中に日活製作の映画『花の運河』で女優デビュー。
以降、知的な美貌で人気を集めた。
1961年 日活を退社し、本格的な女優活動をすることから俳優座へ移籍。
1977年 劇団目覚まし時計主宰。
日本独自のオリジナルミュージカルを製作・企画。
1986年 青少年の心を育てる会設立。
舞台演劇を家族のふれあいの場として、青少年をはぐくもうという取り組みを進める。
2001年、特定非営利活動法人(NPO法人)取得。
2001年 夫でダックスインターナショナル創業者、初代社長・丹野雄二の死去に伴い、同社社長に就任。
主な出演 映画 花の運河(1956年) 逆光線(1956年) 地獄の札束(1956年) 沖縄の民(1956年) 孤獨の人(1957年、日活) - 鳥羽頼子 役 女子寮祭(1957年) 青春の抗議(1957年) 月下の若武者(1957年) 狂った関係(1957年) 童貞先生行状記(1957年) 白い悪魔(1958年) 永遠に答えず 完結篇(1958年) 少女と風船(1958年) お笑い三人組(1958年) 野郎と黄金(1958年) 船方さんよ(1958年) 青い乳房 (1958年、鈴木清順監督) 太陽をぶち落せ(1958年) 俺らは流しの人気者(1958年) 危険な群像(1958年) 第三の死角(1959年) 愛は空の果てへ(1959年) JA750号機行方不明(1959年) 逃亡者(1959年) 拳銃0号(1959年) 絞首台の下(1959年) 若い豹のむれ(1959年) かわいい女(1959年) 銀座旋風児(1959年) 夜霧の空港(1959年) 地獄の曲り角(1959年) 大学の暴れん坊(1959年) 昼下りの暴力(1959年) 青春を吹き鳴らせ(1959年) 事件記者 時限爆弾(1960年) 刑事物語 殺人者を挙げろ(1960年) 六三制愚連隊(1960年) ノック・ダウン 打倒(1960年) 今夜の恋に生きるんだ(1960年) 特捜班5号(1960年) 俺は流れ星(1960年) 浅草姉妹(1960年) 野郎!地獄へ行け(1960年)…

■ 関連映像作品

タイトル
打倒 ノックダウン NYK-815-ON [DVD]
監督
出演俳優
発売元
日活 オフィスワイケー
発売日
2012年2月29日
新品価格
より
中古商品
¥ 2,400 より
タイトル
江戸川乱歩「悪魔の紋章」より 死刑台の美女 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
キングレコード
発売日
2001年8月01日
新品価格
より
中古商品
¥ 2,450 より
タイトル
江戸川乱歩「悪魔の紋章」より 死刑台の美女 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
キングレコード
発売日
2005年6月08日
新品価格
より
中古商品
¥ 2,570 より
タイトル
陰陽師 3 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
キャニオンレコード
発売日
2001年11月21日
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
陰陽師 3 [VHS]
監督
出演俳優
発売元
キャニオンレコード
発売日
2001年11月21日
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
陰陽師 2 [VHS]
監督
出演俳優
発売元
キャニオンレコード
発売日
2001年11月21日
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
陰陽師 1 [VHS]
監督
出演俳優
発売元
キャニオンレコード
発売日
2001年11月21日
新品価格
より
中古商品
より

■ 関連書籍

タイトル
デジタル社会の学びのかたち: 教育とテクノロジの再考
著者
A.コリンズ
発売元
北大路書房
発売日
2012-12-03
新品価格
¥ 2,376 より
中古商品
¥ 1,186 より
タイトル
着物しらべ (1977年)
著者
稲垣美穂子
発売元
読売新聞社
発売日
1977-05
新品価格
より
中古商品
¥ 620 より
タイトル
着物しらべ
著者
稲垣美穂子
発売元
読売新聞社
発売日
1977-05
新品価格
より
中古商品
¥ 3,800 より
タイトル
パッケージツアーで行ったトルコ共和国
著者
稲垣美穂子
発売元
新風舎
発売日
1995-07
新品価格
より
中古商品
¥ 166 より
タイトル
愛の目覚時計
著者
稲垣美穂子
発売元
講談社
発売日
1987-11
新品価格
より
中古商品
¥ 9 より
連想語句
テレビテレビドラマアニメ出演学園年譜映画番組舞台関連スタイルマニュアル丹野伝記使用光穂名義形式推奨文章時期活動監督稲垣雄二

↑ PAGE TOP