生年月日データベース

坪井智哉つぼいともちか

プロ野球選手[日本]

1974年 2月19日

坪井智哉 - ウィキペディアより引用

坪井 智哉(つぼい ともちか、1974年2月19日 - )は、東京都江東区出身の元プロ野球選手(外野手)、プロ野球コーチ。
2014年に現役引退後、2015年からは横浜DeNAベイスターズの一軍打撃コーチを務める。
父親は元プロ野球選手の坪井新三郎で親子ともにPL学園高校を卒業。
後にプロ野球入りしている。
プロ入り前 父は元プロ野球選手で内野手の坪井新三郎(中日、太平洋-クラウン)。
墨田シニアおよびPL学園高校では投手として活躍する。
PL学園では1年生の秋から外野手としてベンチ入りし、その後投手として活躍していたがPL学園在学中に甲子園へ出場することはできなかった。
野球部の寮では1学年上の入来祐作と同室だった。
入来とはプロ入り後、北海道日本ハムファイターズでチームメイトになっている。
高校卒業後は青山学院大学に進学する。
青山学院大学時代は、部員の中で1番最後まで個人練習している練習の虫だった。
この事について、「PL学園時代に比べれば練習が全体練習が少ないから楽すぎるくらいだったが、その後の個人練習の時間でどれだけ野球をしてるかでこの先が決まる」と話している。

■ 関連書籍

プロ野球選手(外野手)。1974年2月19日生まれ、東京都江東区*1出身、B型、左投左打。父は元プロ野球選手の坪井新三郎。 プロ一年目には打率.327で新人王を争い、1999年にも打率3割に到達する。しかし故障などもあり2001年以降出場機会が減少。移籍後も開幕当初は控えだったが、後に復調し右翼手に定着。打撃でも、小笠原道大と首位打者争いを繰り広げた。 2006年は開幕戦出場以来、控えに回ることが多く、出場機会が一気に減った。現在も彼の背番号の7番にちなんだ「坪井デー」は、彼の出場に関らず行なわれていた。 同年10月29日、本人のblogにおいて戦力外通告された事が発表され、同日午後には球団公式サイトでも公表された。トライアウトを受けるなど移籍先を模索したが見つからず、12月27日に大幅な減俸*2を受け入れてファイターズと再契約した。 2008年は、紺田、糸井、工藤などの若手の台頭により、外野手の残り一つの空席争いに乗れずにいた。 9月29日ドーム最終戦で代打として出場し、ライト方向にクリーンヒットを放ち、ベテランの存在感を見せ付けた。 高校、大学、社会人と名門を渡り歩き、俗に言う「エリートコース」を歩んできた選手。その経歴がそのまま彼の応援歌のファンファーレになっているが、実はこの経歴(PL学園高-青山学院大-東芝)でプロに入った選手は坪井のみである。 2010年シーズン終了をもって球団より戦力外通告。2011年正月にオリックス・バファローズへの移籍が決まる。 オリックス退団後は渡米し、独立リーグを渡り歩く。 2014年を持って、正式に現役引退を表明。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • プロ野球
  • 選手
  • コーチ
  • 引退
  • オリックス
  • プロ
  • ベイスターズ
  • リーグ
  • 坪井新三郎
  • 外野手
  • 日本ハム
  • 東京都
  • 横浜
  • 江東区
  • 独立
  • 阪神
  • つぼい
  • 一軍
  • 中学校
  • 出身
  • 卒業
  • 坪井
  • 学園
  • 学園高校
  • 学校
  • 打撃
  • 智哉
  • 父親
  • 現役
  • 親子
  • 野球
  • 高等