誕生日データベース

ハナ・マンドリコワHana Mandlikova

プロテニス選手[チェコスロバキア]

1962年 2月19日

ハナ・マンドリコワ - ウィキペディアより引用
ハナ・マンドリコワ(Hana Mandlíková, 1962年2月19日 - )は、チェコスロバキア・プラハ出身の元女子プロテニス選手。
1980年代に活躍し、4大大会女子シングルス「4勝」を挙げた名選手である。
自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス7位。
WTAツアーでシングルス27勝、ダブルス19勝を挙げた。
当時の女子テニス界の2巨頭であったクリス・エバートとマルチナ・ナブラチロワの壁に挑み続けた選手の筆頭に位置している。
父親のウィレム・マンドリク(Willem Mandrik)は1956年のメルボルン五輪と1960年のローマ五輪で、オリンピックの100m走競技で決勝進出の経歴を持つ陸上選手だった。
父親から恵まれた運動能力を授かったマンドリコワは、故国の偉大な先輩ヤン・コデシュに憧れてテニスを始める。
少女時代は、当時チェコスロバキアのナショナル・チーム監督を務めていたベラ・スコバの指導を受け、成長期から同じプラハ市出身のマルチナ・ナブラチロワを目標に掲げてきた。
連想語句
  • テニス
  • 選手
  • オリンピック
  • シングルス
  • 大会
  • 女子
  • エバート
  • クリス
  • コデシュ
  • ダブルス
  • ナブラチロワ
  • マルチナ
  • メルボルン
  • ヤン
  • ローマ
  • 五輪
  • 優勝
  • 当時
  • 父親
  • 私生活
  • ウィレム
  • グランドスラム
  • チェコスロバキア
  • ツアー
  • ナシ
  • マンド
  • マンドリコワ
  • ランキング
  • リク
  • 位置
  • 先輩
  • 協会
  • 少女時代
  • 巨頭
  • 故国
  • 最高
  • 決勝
  • 活躍
  • 競技
  • 筆頭
  • 能力
  • 自己
  • 進出
  • 運動
  • 陸上