誕生日データベース

吉野朔実よしのさくみ

漫画[日本]

1959年 2月19日

2016年 4月20日 死去病気享年58歳
吉野 朔実(よしの さくみ、1959年2月19日- )は日本の漫画家である。
大阪府出身。
血液型O型。
父の転勤で、熊本、東京などを転々とする。
1980年に「ウツよりソウがよろしいの!」(ぶ〜け)でデビュー。
『ぶ〜け』誌を中心に作品を発表していたが、集英社との専属契約が切れたため、小学館の雑誌に活動の場を移している。
『瞳子』で青年誌にも進出した。
1985年から『ぶ〜け』に連載された「少年は荒野をめざす」と、引き続いて1988年より『ぶ〜け』に連載された『ジュリエットの卵』が代表作。
クールで分析的な作風で、しばしば心理学を題材とする。
青年期のアイデンティティ・クライシスを描くために、直接的・間接的に双子を扱った作品が多い。
作風は、松苗あけみや山本直樹の影響を受けたと語っており、歌人の穂村弘や精神科医の春日武彦との交友関係が知られている。
文学にも造詣が深く、『本の雑誌』で書評エッセイを連載するほか、NHKの書評番組である『週刊ブックレビュー』にも、過去数回、書評者として出演している。

■ 関連書籍

連想語句
  • 概要
  • 漫画
  • 作品
  • イラスト
  • エッセイ
  • カバー
  • ジュリエット
  • リスト
  • 小学館
  • 少年
  • 心理学
  • 挿入
  • 挿絵
  • 漫画家
  • 短期大学
  • 絵本
  • 荒野
  • 連載
  • 集英社
  • ウツ
  • クール
  • ソウ
  • デビュー
  • 中心
  • 代表作
  • 作風
  • 契約
  • 専属
  • 東京
  • 活動
  • 熊本
  • 発表
  • 瞳子
  • 転々
  • 転勤
  • 進出
  • 雑誌
  • 青年
  • 題材