生年月日データベース

ソクラテスSocrates Sampaio de Souza Vieira de Oliveira

男子サッカー選手[ブラジル]

1954年 2月19日

ソクラテス - ウィキペディアより引用

ソクラテス(希:Σωκράτης、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。
長母音を発音するならソークラテース。
妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。
ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。
生涯 生い立ち 父は彫刻家ないし石工のソプロニスコス、母は助産婦のパイナレテとされる。
アテナイに生まれ、生涯のほとんどをアテナイに暮らした。
彼はペロポネソス戦争において、アテナイの植民地における反乱鎮圧としてのポテイダイア攻囲戦、ボイオティア連邦との大会戦デリオンの戦いで重装歩兵として従軍した(アルキビアデスは騎兵として参加、当時の回想が『饗宴』に書かれている)。
青年期には自然科学に興味を持ったとの説もあるが、晩年は倫理や徳を追求する哲学者としての生活に専念した。
思想形成 プラトンの『ソクラテスの弁明』においてソクラテスが語ったところによると、彼独特の思想・スタイルが形成されるに至った直接のきっかけは、彼の弟子のカイレフォンが、デルポイにあるアポロンの神託所において、巫女に「ソクラテス以上の賢者はあるか」と尋ねてみたところ、「ソクラテス以上の賢者は一人もない」と答えられたことにある。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Sōkratēs [生]前470頃[没]前399ギリシアの哲学者。彫刻家ソフロニスコスと助産師ファイナレテの子。前半生はほとんど不明であるが,後半生,特に晩年はプラトン,クセノフォン,アリストテレス,アリストファネスの著作から知られる。著作を残さなかったのでその学説は主としてプラトンの対話篇によるほかはなく,それ自体哲学史上の大きな問題となっている。ソクラテスは「汝自身を知れ」というデルフォイの神託をあらゆる哲学的思考の出発点におき,人間の自己とは身体ではなく霊魂であり,この霊魂をよい状態に保つことに人間としての幸福が存するとの立場から,善や他の諸価値をロゴスによって吟味することを試みた。その方法としては対話におけるエイロネイア(アイロニー)と産婆術が有名である。アリストテレスは学の基礎としての帰納法と概念的定義をソクラテスの二つの功績として認めている。70歳のときメレトスやアニュトスらに告訴され死刑宣告を受け,毒杯を仰いで死んだ。 ソクラテスSōkratēs [生]380頃.コンスタンチノープル[没]450頃ビザンチンの教会史家。現在知られるかぎりでは平信徒として最初に教会史を書いた。エウセビオスの『教会史』に続く『教会史』(7巻,306~439を扱う)を著わし,4~5世紀の初代教会史の貴重な史料を提供した。史料の扱い方は客観的で全体として正確な年代史である。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 哲学
  • 出典
  • ギリシア
  • 古代
  • 西洋
  • ほとんど
  • 一つ
  • 古典
  • 地域
  • 学派
  • 完全
  • 時代