生年月日データベース

財津和夫ざいつかずお

歌手・元 チューリップ[日本]

1948年 2月19日 生 (満70歳)

財津 和夫(ざいつ かずお、1948年2月19日 - )は、日本のシンガーソングライター、作曲家、音楽プロデューサー、ラジオDJ、俳優。
ポップスグループ「チューリップ」のリーダー。
2004年から大阪芸術大学芸術学部音楽学科教授。
血液型O型。
和製ポール・マッカートニーと呼ばれる日本のメロディメーカー。
既婚。
来歴・人物 生い立ち 福岡県福岡市出身。
5人兄弟の末っ子として生まれる。
長男と次男は財津が生まれる前に他界していたため、3人兄弟で育った。
財津家は元々は熊本阿蘇地方をルーツに持ったが、戦時中は朝鮮で生活をしていた。
そして敗戦と共に福岡の親戚を頼って日本へ引き揚げ、福岡の競輪場で食堂を営んでいた。
そのため、兄弟の中で唯一の福岡生まれであった。
なお「和夫」と言う名前は、福岡の自宅の近くに在った昭和鉄工の「和」の字を採ったという。
子供のころから映画を観たりFENを聴いたりして、アメリカに憧れを持ち、その影響の延長で洋楽にはまって高校時代にビートルズに憧れるようになった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

アーティスト ミュージシャン 1948年2月19日生まれ、福岡県出身。 高校時代、ビートルズを聴き影響を受ける。 この頃、初代ベーシストである吉田彰と出会い、1971年チューリップ結成。 翌1972年上京、東芝レコードより「魔法の黄色い靴」でデビュー。 3作目の「心の旅」(1973年)がオリコン・チャート第1位を獲得後、 「青春の影」 (1974 年)、「虹とスニーカーの頃」(1979年)等のヒット作を発表。 コンサート1000回を記念し、よみうりランドを1日貸し切って“TULIP LAND”と 題した「1000th LIVE」(1982年) 、芦ノ湖畔にシンボル・パゴタの塔を建てての 野外コンサート「8.11 パゴタ」(1984年)など、チューリップは現在のJ-POP アーティストの先駆けとなる大イベントを数多くこなす。 チューリップはアルバム34枚、シングル34枚を発表、1244本のコンサートを行い、1989年、 18年間の歴史を閉じる。 チューリップの活動と並行して1978年からソロ活動をスタート。 「WAKE UP」(1980年)はセイコーのCFソングとなり大ヒット、 1993年には「サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜」がフジテレビ系ドラマの主題歌となる。 また、作曲家としても、松田聖子の「白いパラソル」、沢田知可子の「会いたい」などのヒット曲を世に送り出している。 2004年秋にはアルバム「サボテンの花〜grown up」をリリース、大都市圏でソロコンサートツアー“青春の影 this fall”が行われた。 また、1997年、2000年、2002年に続き、2005年にもチューリップを再結成し、6月からツアーをスタートさせた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アルバム
  • 俳優
  • エピソード
  • オリジナル
  • グラフィ
  • シングル
  • チューリップ
  • ディスコ
  • プロデューサー
  • ポール
  • マッカートニー
  • ミュージシャン
  • 大阪芸術大学
  • 教授
  • 音楽
  • アルバ
  • グループ
  • ジョッキー
  • ディスク
  • バンド
  • ベスト
  • ポップス
  • メロディ
  • メーカー
  • ラジオ
  • リーダー
  • 作曲家
  • 和製
  • 学科
  • 学部
  • 日本
  • 演奏
  • 芸術