誕生日データベース

清成忠男きよなりただお

経営学者[日本]

1933年 2月19日

清成 忠男(きよなり ただお、1933年2月19日 - )は、日本の経営学者。
事業構想大学院大学学長。
法政大学元総長・理事長。
日本ベンチャー学会特別顧問、地域活性学会会長、地域経済総合研究所評議員。
専門は中小企業論。
東京都生まれ。
東京都立青山高等学校卒業。
1956年3月、東京大学経済学部を卒業。
1956年4月、国民金融公庫入社。
調査部(現在は総合研究所)で小規模企業の新規開業調査を行った。
1970年、国民金融公庫調査部調査課長時代、専修大学経済学部の平尾光司教授(当時)、中村秀一郎教授(当時)とともに「ベンチャー・ビジネス」という言葉・概念を世に送り出したことでも知られる。
日本ベンチャー学会ではその功績をたたえ清成忠男賞を制定している。
  1972年~1996年、法政大学経営学部教授(1986年~1988年は学部長兼務。
) 1996年~2005年、法政大学総長・理事長。
2005年~、法政大学経営学部名誉教授・学事顧問。
2005年、特定非営利活動法人 三鷹ネットワーク大学推進機構理事長 2006年~、財団法人沖縄協会会長・フランス政府よりフランス教育功労章コマンドールを授与。

■ 関連書籍

「清成忠男」と関連する人物

連想語句
  • 経済
  • 地域
  • 学会
  • 法政大学
  • 調査
  • 学部
  • 研究所
  • 総合
  • 総長
  • 中小企業
  • 事業
  • 卒業
  • 国民金融公庫
  • 大切
  • 大学院大学
  • 学校
  • 専修大学
  • 東京
  • 東京大学
  • 東京都
  • 構想
  • 活性
  • 経営
  • 著書
  • 都立
  • 関連
  • 青山
  • 高等
  • 企業
  • 会長
  • 入社
  • 国民生活金融公庫
  • 学長
  • 専門
  • 新規
  • 時代
  • 歴任
  • 現在
  • 理事
  • 評議員
  • 課長
  • 開業
  • 顧問