生年月日データベース

茶谷正洋ちゃたにまさひろ

建築学者、建築家[日本]

1934年 2月18日

2008年 11月19日 死去喉頭がん享年75歳

茶谷正洋(ちゃたに まさひろ、1934年2月18日 ‐ 2008年11月19日)は、日本の建築学者、建築家。
港区立青山中学校、東京都立日比谷高等学校を経て東京工業大学理工学部(現・工学部)建築学科卒業。
建築意匠、図学、建築の構法と形態、視環境知覚を専門としていた。
一級建築士。

広島県広島市で生まれ、後に東京都大田区へと移り住む。

大学卒業後大成建設設計部、建設省建築研究所の研究員などを務め、1961年に東京工大助教授に。
その後ワシントン大学客員教授などを経て、1980年~1994年の14年間東工大教授を務めた。
1995年には東工大の名誉教授に就任。
以後、法政大学・静岡文化芸術大学教授を務めた。
2008年11月19日、喉頭癌のため死去。

生前は女子美術短期大学・日本建築専門学校の講師の他、有限会社オリガミックアーキテクチャーの代表取締役も務めていた。

■ 関連書籍

連想語句
  • 建築
  • 卒業
  • 大学
  • 東京
  • ワシントン
  • 作品
  • 大成建設
  • 学校
  • 学科
  • 学部
  • 広島市
  • 広島県
  • 建築家
  • 建設省
  • 折り紙
  • 教授
  • 日比谷
  • 書籍
  • 東京工業大学
  • 東工大
  • 理工
  • 研究所
  • 設計
  • 都立
  • 関連
  • 高等
  • 以後
  • 助教授
  • 名誉教授
  • 図学
  • 大田区
  • 客員
  • 専門
  • 就任
  • 工大
  • 工学部
  • 建設
  • 形態
  • 意匠
  • 東京都
  • 構法
  • 法政大
  • 法政大学
  • 環境
  • 知覚