誕生日データベース

中村吉右衛門

歌舞伎役者・二代目[日本]

1944年 5月22日

中村 吉右衛門(なかむら きちえもん)は、歌舞伎役者の名跡。
江戸時代中期に佐野川屋系が二人、明治以降に播磨屋系二人がいる。
今日ただ「中村吉右衛門」というと、通常は播磨屋系の吉右衛門を指す。
佐野川屋系 中村吉右衛門 屋号は佐野川屋。
宝暦期を代表する名女形・初代佐野川萬菊の弟を祖とする家系。
初 代 中村吉右衛門(佐野川屋) 初代佐野川萬菊の弟、1694–1770。
佐野川十蔵 → 初代中村十蔵 → 中村嘉津右衛門 → 初代中村喜津右衛門 → 佐野川屋初代中村吉右衛門二代目 中村吉右衛門(佐野川屋) ?–?。
中村吉蔵 → 二代目中村吉右衛門 播磨屋系 中村吉右衛門 屋号は播磨屋。
定紋は揚羽蝶、替紋は村山片喰。
三代目中村歌六の長男を祖とする家系。
「吉右衛門」は初代の母方の祖父・小川吉右衛門の名に由来する。
初 代 中村吉右衛門 三代目中村歌六の長男、1886–1954。
尾上菊五郎とともに「菊吉時代」を築いた大正・昭和の大看板。
初代中村吉右衛門二代目 中村吉右衛門 初代の娘婿・八代目松本幸四郎の次男で、初代の養子(かつ実孫)、1944– 。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 佐野川
  • 初代
  • 播磨屋
  • 中村
  • 十蔵
  • コトバンク
  • 右衛門
  • 女形
  • 宝暦
  • 明治
  • 中村吉蔵
  • 二人
  • 今日
  • 代表
  • 以降
  • 吉右衛門
  • 喜津
  • 嘉津
  • 家系
  • 屋号
  • 歌舞伎
  • 通常