生年月日データベース

重友梨佐しげともりさ

陸上長距離・マラソン選手[日本]

1987年 8月29日

重友梨佐 - ウィキペディアより引用

重友 梨佐(しげとも りさ、1987年8月29日 - )は、日本女子の陸上競技選手。
専門種目は長距離走・マラソン。
2012年ロンドンオリンピック、及び2015年世界陸上北京大会各女子マラソン日本代表。
人物・経歴 学生時代まで 1987年8月29日、岡山県備前市出身。
小学校3年生時に陸上競技を始める。
備前市立備前中学校卒業後、全国高等学校駅伝競走大会では例年強豪チームの興譲館高等学校に入学。
高校時代は森政芳寿の指導を受ける。
2年生時に第16回全国高校駅伝(2004年)に初出場し、2区を走って区間7位。
新谷仁美(1区)から先頭でタスキを受けた重友は首位を守ったものの、チームはアンカーで逆転されて2位に終わる。
3年生時にチームの主将を任されて第17回全国高校駅伝(2005年)に優勝。
前年に続いて2区に登場した重友は、再び新谷から先頭でタスキを受け、区間2位の好走で優勝に貢献した。
興譲館高校卒業後は地元・岡山市の天満屋に入社。
実業団入り・初マラソン挑戦 天満屋入社後は女子陸上競技部に所属、先輩の坂本直子(アテネオリンピック女子マラソン7位入賞)、中村友梨香(北京オリンピック女子マラソン13位)や、同興譲館高校の3年後輩に当たる小原怜(世界陸上北京大会女子10000m22位)らに混じって走り、地道に実力をつける。

陸上競技(長距離・マラソン)選手。 1987年8月29日生まれ。岡山県出身。身長168cm、体重53kg。 興譲館高等学校時代は新谷仁美と同級生。2005年、主将を務めた3年生時に全国高等学校駅伝競走大会で初優勝した。 2006年、天満屋に入社。先輩の坂本直子、中村友梨香とともに地道に力を付ける。2010年、全日本実業団対抗女子駅伝競走大会で5区区間賞の活躍で天満屋の初優勝に貢献した。2011年の全日本実業団女子駅伝でも、5区で2年連続区間賞を獲得した。 2011年3月の名古屋国際女子マラソンで初マラソンを経験する予定だったが、東日本大震災の影響で中止になったことで調整に狂いが生じ、同年4月のロンドンマラソンは2時間31分28秒で24位に沈んだ。 2012年1月、2度目のマラソンとなった大阪国際女子マラソンで、日本歴代9位となる2時間23分23秒の好タイムで優勝。ロンドンオリンピックのマラソン日本代表に大きく近づいた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • マラソン
  • 代表
  • 日本
  • 世界
  • 大会
  • ロンドン
  • 女子
  • 出場
  • 国際
  • 大阪
  • 選出
  • 陸上
  • 五輪
  • 優勝
  • 北京
  • 陸上競技
  • オリンピック
  • リオ
  • 初優勝
  • 学生
  • 実業
  • 引退
  • 挑戦
  • 時代
  • 現役
  • 絶望
  • 選手権